【静岡】West Coast Brewing:「Never Enough Bass Lactose Ver.」を缶で飲みました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんの、「Never Enough Bass Lactose Ver.(ネバーイナフベース ~ラクトースバージョン~)」を缶で飲みましたでご紹介したいと思います。以前は、ラクトースが入ってないバージョンを飲み非常に好みでした。今回はビア仲間が手に入れたというラクトースを加え甘さをプラスしたという事になりますが、プレゼントして頂いたので早速ですが、飲んでみましたよ( ´∀`)

『West Coast Brewing』Never Enough Bass Lactose Ver. 詳細

ビール名:Never Enough Bass Lactose Ver.(ネバーイナフベース ~ラクトースバージョン~)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)
ビアスタイル:Hazy Pale Ale
アルコール度数:5.5%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラがその「Never Enough Bass Lactose Ver.(ネバーイナフベース ~ラクトースバージョン~)」のビール画像です。

ウエストコーストブルーイング(ネバーイナフベース ~ラクトースバージョン~)_缶01
ウエストコーストブルーイング(ネバーイナフベース ~ラクトースバージョン~)_缶01

「Never Enough Bass Lactose Ver.」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある明るい黄色という感じ。
香りは、パインを勧進させるジューシーさが心地よい。
飲み口は、ホップの苦味はあるがやはり期待を裏切らない好みの苦味で絶妙にビアっぷるの舌に合う。珍しく求めてる甘さを感じなかったが、ラクトースを加えた甘さもそこまで感じかなかった。ただ、さすがはWBCさんでジューシーでヘイジーさは抜群!そしてこのボディがミディアムでコクを感じつつ、ビールバランスもレベルが違う。スイスイ飲めアッという間に飲めるのに飲み応えもある。総合的には素晴らしいのだがラクトースの部分(甘さ)が物足りず、残念ながらビアっぷるの好みなビールではありませんでした^^;

この「Never Enough Bass Lactose Ver.(ネバーイナフベース ~ラクトースバージョン~)」ですが、先ずビアっぷるが過去飲んだ違う通常バージョン(セカンドバッチ)が、「NEVER ENOUGH BASS(ネバーイナフベース)」コチラですが、今回はそこに『デナリ、グリーンバレット、シトラでドライホッピングをされている』とコメントがありました。また以前は甘さがなくとも好みと感じたのだが、今回は“ラクトースver.”という事でしたので、好みじゃないと思いました。
加糖されてるのだろうが、まだビアっぷるの舌で感じる“甘さ”には到達していなかった。ただ、相変わらずだが総合的にビールレベルが素晴らし過ぎますよ。

今は新型コロナの影響でWBCさんを始め、Kakegawa Farm Brewingさん、月と太陽Brewingさん、Blue Magicさん、宇宙ブルーイングさん、鬼伝説地ビールさん等など飲む機会が減ったのが非常に残念ですが、致し方ない状況です。そんな中でも、久しぶりに飲めたWBCさんであったが樽に比べもちろん若干気になる部分はあるが、“缶”でも樽に近いレベルを保てると感じれたのは良かった。保存状態や詰めの際に若干の空気が入る等など、様々な味への影響が考えられてますがボトルや缶で“樽とは明らかに違う味”が出てるビールもありますからね。今回も決して贔屓目で見てるのではなく、冷静に判断した上での感想です。

それだけ素晴らしいビールなのですが…唯一気になるのはやはり単価。スーパーサンライズなどは特にですが原材料を豊富に使ってるのは百も承知ではあるものの缶でこの金額は…というのも、樽のパイントでとさほど変わらないのでならばフレッシュさを感じる樽で飲みたいwww。コレは勝手なビアっぷるの価値観だが、缶やボトルならば安価で送料無料やお得なセットがたくさん出てるのでコロナが収束するまでは苦手と思っている海外ビールでも単価的にもそちらを優先したい。ただ、樽であれば超高価なフルーツモンスターでも平気でパイントで飲みますし、毎日でも飲みたいくらい好みのブルワリーさんなんですけどねぇ~www。あ、賛否両論あるかと思いますがまだまだクラフトビールは嗜好品です。ビアっぷるの勝手な“拘り”ですのでそこはご了承下さいませ(^_^;)

恒例の『WEBフライヤー』ですが…!?

あ、そして今回も見つけましたよ、WEBフライヤーを。

ウエストコーストブルーイング(ネバーイナフベース ~ラクトースバージョン~)_イメージ01

で、不思議な缶のラベルだなぁ…と思って調べてたら特別に作成してもらったのかな?どうやら東京は都立大学駅にある?Slop Shop(スロップショップ)さんというショップの周年ビールの様です(@_@)。缶のラベルの左上に店舗名が入ってますし、右のホップさんは購入後に缶を片手に飲みながら出かける様子、また左下のホップさんは振り返りながらのピースサインでお店に入っていく様子。更に上部には♪、♬~と音譜が複数あり、両ホップさんは共にルンルン気分をアピールしてる絵と捉えてみました。この様なラベルにプリントされるのはそれだけ仲が良いという事なんでしょうね~。そして他にも色々とビールも置いてそうですし、ビアっぷるもタイミングを見てコチラにお伺いできればと思いました( ´∀`)。

はい、という事で今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんの、「Never Enough Bass Lactose Ver.(ネバーイナフベース ~ラクトースバージョン~)」をご紹介しました。国産でクラフトビールのレベルを求める方ならお勧めです。皆さんも機会があれば、是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事でクラフトビールを飲んだ後は、独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介しています。よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. TDM 1874 Brewery(ロゴ)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、神奈川県は横浜市にある『TDM 1…
  2. 京都醸造(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、京都府は京都市にある『kyoto …
  3. Y.MARKET BREWING(ロゴ)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、愛知県は名古屋市にある『Y.MAR…
ページ上部へ戻る