ヨロッコビール×箕面ビール:「プラムボンセゾン」を缶で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は鎌倉市にある『Yorocco Beer(ヨロッコビール)』さんと、大阪府は箕面市にある『MINOH BEER(箕面ビール)』さんとのコラボビール、「Plumbon Saison(プラムボンセゾン)」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。最近飲ませてもらったコラボ🍺は箕面さんがモダンタイムスさんとの『Neko Kingdom(ネコキングダム)』でしたが、好みな方のビールでした。そして箕面さんは今度はヨロッコさんとのコラボ。どんな感じでしょうか😄

ヨロッコビール×箕面ビール(プラムボンセゾン/2021)_イメージ01

『Yorocco Beer(ヨロッコビール)×MINOH BEER(箕面ビール)』Plumbon Saison(プラムボンセゾン) 詳細

ビール名:Plumbon Saison(プラムボンセゾン)
ブルワリー名:ヨロッコビール×箕面ビール
ビアスタイル:セゾン
アルコール度数:5.5%
IBU:12
URL:Yorocco Beer(ヨロッコビール)
facebook:MINOH BEER(箕面ビール)

コチラがその「Plumbon Saison(プラムボンセゾン)」のビール画像です。

ヨロッコビール×箕面ビール(プラムボンセゾン/2021)_缶01
ヨロッコビール×箕面ビール(プラムボンセゾン/2021)_缶02

「Plumbon Saison(プラムボンセゾン)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある深めな山吹色という感じでしょうか
香りは、控えめもすもも感は爽やかに感じれます
飲み口は、ホップの苦味はかなり控えめで持続性もそこまで感じれないかな。また求めてる甘さはない。そしてすもものプフレーバーがふわ~っと感じつつ、控えめな酸味と水っぽそうで水っぽくない奥深い味わいが感じれる。飲み後には甘さがないが、ホップの優しい苦味とすももの味と余韻が心地よい。ボディはライトでスイスイ系だが、全体的に薄めで物足りず残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

クセのない飲みやすい“すももセゾン”

この「Plumbon Saison(プラムボンセゾン)」ですが、箕面さんとヨロッコさんにて毎年恒例となってる様ですが、ビアっっぷるは初飲み。因みに調べると…前回は箕面さんが製造者でボトルにてリリース。今回はヨロッコさんが製造者で缶にてリリースの様です。ホップは…箕面さんのリリースの際は“ザーツ”の記載がありましたが、今回は記載が見つけきれず。また原材料の“すもも”は、箕面さんの超大人気🍺“桃ヴァイツェン”にて使われる桃農家さんから仕入れたとの事で『八旗農園』さん?の物を使用、そして小麦も使い醸造されたフルーツセゾンですね。。個性が出ているセゾンというよりは、“すもも”を最大限に活かした優しいセゾンで、シンプルさの中にすももの優しい感じが余韻までも残るといった印象です。ベースがヨロッコさんのオーソドックスなセゾンを使われた様で、ビアっぷるはもっとボディ感を求めてしまう為に飲み応えで物足りなさを感じたものの、“らしさ”を感じれて多方面の方に好まれるクセのない飲みやすいセゾンだなぁ~とは思いました✨。水々さのあるフルーツの存在をしっかり出せる醸造技術って素晴らしいですね!来年も見かけたら飲んでみたいと思ったビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は『Yorocco Beer(ヨロッコビール)』さんと『MINOH BEER(箕面ビール)』さんとのコラボビール、「Plumbon Saison(プラムボンセゾン)」を紹介しました。優しく程よい酸味のすももさん🍺。皆さんももし機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る