VERTERE× Yuya Boys:「Dahlia(ダリア)」を缶で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、東京都は西多摩郡にある『VERTERE(バテレ)』さんと、東京は代々木のウォータリーングホール(ビアバー)の店長さんが絡む『Yuya Boys(ゆうやボーイズ)』さんとのコラボビール、「Dahlia(ダリア)」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。ビア仲間より沢山あるからよかったら飲んで…と頂いた🍺ですが、思うとこアリもせっかくなので飲んでみたいと思います😅

バテレ × ゆうやボーイズ(ダリア)_イメージ01

『VERTERE(バテレ)』× Yuya Boys(ゆうやボーイズ)』Dahlia(ダリア) 詳細

ビール名:Dahlia(ダリア)
ブルワリー名:VERTERE× Yuya Boys
ビアスタイル:Hazy IPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
facebook:VERTERE(バテレ)
facebook:Yuya Boys(ゆうやボーイズ)

コチラがその「Dahlia(ダリア)」のビール画像です。

バテレ × ゆうやボーイズ(ダリア)_can01
バテレ × ゆうやボーイズ(ダリア)_can02

「Dahlia(ダリア)」飲み応えレビュー

見た目は、薄濁りの明るめな黄色という感じでしょうか
香りは、柑橘さの爽やかな感じとヘイジー感
飲み口は、ホップの苦味は舌奥と喉で感じながら持続性はジワジワ…という感じで残るかな。そして求めてる甘さはない。また、柑橘さのあるフレーバーと味に余韻までも柑橘さが広がる。ただ、後味にも甘さがなくやや気になる味が残る…スッキリな🍺でジューシーさはかなり弱めなヘイジーIPA。ボディはライトで飲み応えも足りず、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦。

3種類のホップでライトなヘイジーIPA!?…

この「Dahlia(ダリア)」ですが、ホップはシトラとアイダホとモザイクの3種類が使われてるのかな。調べてもバテレさんのサイトには詳細がない様すし、原材料には当たり前なホップや大麦麦芽以外は特に記載がなくシンプルなヘイジーIPAという事でしょうか。ホップが3種類でモザイクさんを使われてますが、さほど嫌な感じはしませんでした。ただいかんせんライト過ぎてアルコール度数6.0%からも飲み応えがビアっぷるには全く物足りない。明らかにビアっぷるの好みと真逆で、『柑橘さが良く出たライトで甘さがないヘイジーさを感じたい方』には好みでしょうね👀。

ゆうやボーイズって?

今回のコラボ🍺の主となっている、

ゆうやボーイズ(ロゴ)_01new

その『Yuya Boys(ゆうやボーイズ)』さんですが、簡易的にですが記載します。東京は代々木のウォータリーングホールさんの店長さんと、その他大阪や名古屋等で同業の方でグループを組んでると言えば良いでしょうか。あのサノバスミスさんや、ウエストコーストブルーイングさん、最近流行った伊勢角さんの『ねこさんびき』もそうですね。色々なブルワリーさんとコラボビールを出され、コロナ禍で厳しい中でも、このクラフトビール業界には大きな貢献をされてるグループさん。ビアっぷるは方向性が違うので関わってはいませんが、今後もコラボビールを主にブルワリーさん達のお力になってもらえると嬉しいですね!陰ながら応援したいと思っています😄

はい、という事で今回は東京都は西多摩郡にある『VERTERE(バテレ)×Yuya Boys』のコラボビール「Dahlia(ダリア)」を紹介しました。軽めなヘイジーですが、どうやら第二弾の“Dahlia(ダリア)2”が発売される模様。非皆さんももし機会があれば飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る