Y.MARKET BREWING:「Mango Smoke Weizen(マンゴースモークヴァイツェン)」を樽で飲みました~

ワイマーケットブルーイング(ロゴ3)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、愛知県は名古屋市にあるY.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)さんから、「Mango Smoke Weizen(マンゴースモークヴァイツェン)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。マンゴーを使ったスモークヴァイツェン…マンゴー+スモーク!?で、味が良い方に感じれないので気になり飲んでみました~^^;

ビール名:Mango Smoke Weizen(マンゴースモークヴァイツェン)
ブルワリー名:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)
スタイル:フルーツスモークヴァイツェン
アルコール度数:6.2%
IBU:18.2
URL:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)
facebook:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)

コチラがその「Mango Smoke Weize(マンゴースモークヴァイツェン)」のビール画像です。

Y.MARKET BREWING(Mango Smoke Weizen)

見た目は、濁りのある黄色ですね。
香りは、ヴァイツェンとしてはどっしりとした感じでかなり好みだがマンゴーがいないかな。
飲み口は、開口一番にスモークがかなり強め!で、期待のマンゴーは脳に捜索願いを出しましたが…ほんと後味で僅かにいる程度。。。苦味は抑えめで甘さは少しあるのだが、何と言ってもスモーク感が強すぎて全てがかき消される感じ。ボディは香りがヘヴィーっぽかったのに対して、ややライト気味でコクがないのが残念で、ビアっぷるの好みではありませんでした^^;

えっと、この「Mango Smoke Weizen(マンゴースモークヴァイツェン)」ですが、使用されたホップはカスケードとエクアノットだそうです。また贅沢にマンゴーを使用されてる様ですが、スモークモルトの量が多かったのかスモーク感が強すぎてマンゴーの良さが完全に消されてる。マンゴーVSスモークではマンゴー量を増量したとしても、スモークさんに軍配があがる確率は高いので、もう少しスモークモルトを減らして調整されたらひょっとしたら好みかもしれない!?と思ってますが、こんな素人に言われても…って思われそうですね^^;
飲む前に違和感があったが、意外にもスモーク+マンゴーって意外にも合うんだな…と思いました。次のバッチでスモーク感を調整されてくる事を願いつつ、再度リリースされたら是非飲んでみたいと思ったビアっぷるでした(´∀`)

はい、という事で今回は愛知県は名古屋市にあるY.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)さんから、「Mango Smoke Weizen(マンゴースモークヴァイツェン)」をご紹介しました。スタイル的にマンゴーヴァイツェンか、スモークヴァイツェンならともかく、マンゴー+スモーク+ヴァイツェンはなかなか面白かった。皆さんも機会があれば、是非飲んでみて下さいね!

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る