【山梨】OUTSIDER BREWING(アウトサイダーブルーイング):「Pit Bull Barley Wine 2018」を樽で飲んでみました~

アウトサイダーブルーイング ロゴ1

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、毎年恒例として飲んでいるビールでビアっぷるがバーレーワインの中で
1、2位を争うくらい好みの『OUTSIDER BREWING(アウトサイダーブルーイング)』さんより「Pit Bull Barley Wine 2018」を樽で飲んだので紹介したいと思います。因みにハイアルコールで帰り際フラフラになるビールですから気を付けないといけないビールです^^;

ビール名:Pit Bull Barley Wine 2018(ピットブルバーレーワイン)
ブルワリー名:OUTSIDER BREWING(アウトサイダーブルーイング)
スタイル:バーレーワイン
アルコール度数:15.0%
IBU:20
URL:OUTSIDER BREWING(アウトサイダーブルーイング)
facebook:OUTSIDER BREWING(アウトサイダーブルーイング)

アウトサイダーブルーイング(ピットブルバーレーワイン)その1

それでは「Pit Bull Barley Wine 2018」のビール画像はコチラです。

見た目は黒いが光が当たるとほのかに透き通る感じの色。
香りはアルコール感とモルティーな香りが芳醇で非常に素晴らしい香り。
飲み口は苦味はなく甘ったるい甘さではない甘さがしっかりありコクもある。また鼻から抜けるアルコール感とモルティー感が非常に素晴らしく、ビアっぷるは毎年恒例で飲んでるが本当にバーレーワインとして確立された好み中の好み(´ー`)

アウトサイダーブルーイング(ピットブルバーレーワイン)その2

この「Pit Bull Barley Wine 2018(ピットブルバーレーワイン)」ですが、ホップはオーストラリア産のカスケードを使いフランス産のワインイーストを使用。何といってもビールでアルコール度数15%という驚異的な数値ですが、が甘味がしっかり出て鼻から抜けるワインの芳醇な香りがたまらない。が、毎年繋がると1日で3~4パイント飲むのですが帰りは気を付けて帰らないとヤバいくらい効いてきますよ!はい今回は2杯にしておきました(^^ゞ

因みに昨年はビール自体がもう少しトロみがあったと思ったのですが、今年はサラっととしており甘味が減ってるのか!?と思ったがさすがアウトサイダーさん。バランスの取れたちゃんとしたビールを造ってきますよね~

しかし、毎年外販はされてるのですが少量という事もあり出た瞬間にほぼ完売。
という瞬殺的なビールなんですが今回は“6樽限定”という希少なビールとなってること、そして何故か毎年1月くらいの冬に出てくるイメージがこの時期!?更には確か記憶では昨年まで15ℓ樽だった様な気がしてるのですが、今年は10ℓのワンウェイケグで販売と色々と様変わりした様な気がしてます。

ま、15ℓ樽でバーレーワインだとビアバーで取るところも限られてくるでしょうし、ビアバーで販売としては効率として10ℓ樽の方が良さげですからね。ただ、ただでさえ元々外に出る量が少ないだけにビアバーとしては今後このビールを手に入れるのは至難の業になりそうな予感が…><

という事で、今年もこのピットブルが飲めてホント良かった~♪(´ー`)
はい、今回は『OUTSIDER BREWING(アウトサイダーブルーイング)』さんより
Pit Bull Barley Wine 2018(ピットブルバーレーワイン)」を紹介しました。皆さんももし機会があれば、ハイアルコールですが是非飲んでみて下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る