『秋田あくらビール』から限定醸造の「視界良香(しかいりょうこう)」を樽で飲んでみました~

秋田あくらビール(ロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、2度目の登場でしょうか秋田県秋田市にある『秋田あくらビール』さんから限定醸造の
「視界良香(しかいりょうこう)」を樽で飲んでみましたのでご紹介したいと思います。
前回は『Hazy White IPA(ヘイジーホワイトIPA)』でしたが今回はスタイルが『W-IPA』という事で興味津々のビアっぷるは飲んでみました^^

ビール名:視界良香(しかいりょうこう)
ブルワリー名:秋田あくらビール
スタイル:W-IPA
アルコール度数:7.0%
IBU:60
URL:秋田あくらビール
facebook:秋田あくらビール

こちらが「視界良香(しかいりょうこう)」のビール画像です。
秋田あくらビール(視界良香)
見た目は視界良好!ではありませんがwww、W-IPA!?って思うほど濁り系でジューシーそうな感じの鮮やかな黄色。
香りはサブロ?ギャラクシーホップ?のどちらか前面に出てる香りはやや気になるかな。。。
飲み口はスタイルが”ダブルIPA”との事だがどこにW-IPAが!?と思うほど、ニューイングランドIPAと言ってもおかしくないジューシーさですね。
ビールバランスも良く非常にすっきりで飲みやすいのだが、ビアっぷるには香りの時もそうだがサブロかギャラクシーホップなのか?
このホップの鼻に抜ける感と苦味がありやや苦手と感じたな。
そしてやっぱりと言いたいが、甘さはどこにもなくビアっぷるの好みではないのが残念でした^^;

はい、この「視界良香(しかいりょうこう)」ですが秋田市にある『BEER FLIGHT(ビアフライト)』さんの3周年記念ビール。
という事で、ニューイングランドスタイルを取り入れたW-IPAとの事だが、
ビアっぷる的にはニューイングランドスタイル寄り過ぎくらいにニューイングランド感全開^^;
また、ホップはギャラクシーホップにサブロ、そしてシムコーのルプリンパウダーを使用したとの事。
IBU60という事もありに苦味もそれなりにありますし、何より
『BEER FLIGHT(ビアフライト)』さんの説明では“糖度を低くして甘味を抑えてる”との事で、説明の通りの味と感じましたよwww

前にもこのブログで伝えた様にクラフトビールを飲み始めた頃のあくらさんでは『キィウィIPA』が、
ビア仲間の中ではズバ抜けて人気というのが凄くイメージが残ってます。
今は“なまはげIPA”でしたっけ?ビール名が変わりましたが前々からあるブルワリーさんのビールを今でも
こうして変わりなく安定して飲める事は良い事ですよね~
ビアっぷるはあくらさんのビールでは好みのビールがなくほとんど飲む機会がかなり少ないのですが、
今こうしてW-IPAや、ニューイングランドスタイルが出てくると飲む機会が増えて嬉しい事です。
また、今後もスタイルによるが機会があれば飲んでみたいと思うブルワリーさんとしみじみ感じました(´▽`)

はい、という事で今回は『秋田あくらビール』から限定醸造の「視界良香(しかいりょうこう)」を紹介しました。
甘さ控えめの苦味やや強めのニューイングランドスタイルが好みの方は是非飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』には他にも最新のビール情報やイベント情報、
ブルワリー情報など紹介してますので宜しければ他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る