『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』から「New Generation(ニュージェネレーション)」を樽で飲みました~

Y.MARKET BREWING(ロゴ1)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)さんから意外なビアスタイルと言っては何だが、ニューイングランドIPAとなる限定醸造ビール「New Generation(ニュージェネレーション)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。ただ、ニューイングランドIPAではあるがセッションIPAでもあるというのがどうでるのだろうか?…(^^;)

ビール名:New Generation(ニュージェネレーション)
ブルワリー名:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)
スタイル:ニューイングランドIPAセッションIPA
アルコール度数:4.4%
IBU:13.9
URL:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)
facebook:Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)

コチラが「New Generation(ニュージェネレーション)」のビール画像です。

Y.MARKET BREWING(New Generation)

見た目ですが濁り感は出てるがやや透き通り気味でもあるかな。
香りは、ニューイングランドIPAらしい感じで良いがどうも気になる香りが…
飲み口は、苦味は抑えめでかなり軽めで飲みやすいというより物足りなさが気になってならない。また、どうも苦手な味を感じてるのは気のせい?甘さはなく、ニューイングランドIPA感が薄まってる感じで残念ではあるがビアっぷるの好みではありませんでした^^;

はい、この「New Generation(ニュージェネレーション)」ですが、ワイマーケットさんのサイトには醸造された意図が記載されてましたが、“ニューイングランドIPAを軽快に仕上げたセッション・ニューイングランドIPA??”という事だが、そもそもニューイングランドIPAにセッションIPAを合わせるというのは?そして“ 柔らかくフルーティーでヘイジーな特徴はそのままに、アルコール度数を下げ、さらに飲みやすく仕上げました”という事だが、そもそもニューイングランドIPAはIPAに比べ遥かに飲みやすいはずが、更に飲みやすくを追求したらアルコール度数を下げるという事に至ったのはどうなんでしょうね?また、ニューイングランドIPAを飲みやすくする必要があったのだろうか?と、NE好きのビアっぷるにはビールがかなり薄めに感じて良さが消えてると思えたし理解しにくいビールではあったが…まぁ、ワイマーケットさんには何か思うところがあったという事でしょうね(^^;)

そして、このビールに使用されたホップですがアマリロにシトラ、そしていましたよモザイクホップさんが…香り、飲み口で“気になる…”は、これでしたかw
もちろんモザイクホップを使う事が悪い訳ではないですし、むしろ使ってるビールの方が多いのも事実。ビアっぷるとしてはいつか好みなホップになるように願いたいとこだが、ブルワリーさんで例えると全体的に苦手な志賀高原ビールさんや京都醸造さん、サンクトガーレンさんにAJBさんのビールは苦手と思ったらなかなか覆らないビアっぷるだけに、モザイクホップでも慣れるのは厳しいかも!?ですが、ルールさえ守れば大手さんとは違って自由に醸造できるのがマイクロブルワリーの良さ。ビアっぷるでもモザイクホップを使って“超好み!!”と思えるようなビールを醸造してくれるのを気長に待ちたいと思います(´▽`)

はい、という事で今回は『Y.MARKET BREWING(ワイマーケットブルーイング)』さんから「New Generation(ニュージェネレーション)」を紹介しました。
NEセッションIPAと珍しいビアスタイルですので皆さんも飲める機会があれば是非飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』には他にも最新のビール情報やイベント情報、ブルワリー情報など紹介してますので宜しければ他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、
情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、
日々ビアバーを飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールは嫌いでした。
が、クラフトビールに出会い、
強烈な衝撃を受け一気にハマりました。
基本的に樽でしか好まず、缶・ボトル、
そして海外のビールは好みません。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが、
1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、
ブログでお伝えできればと思っています。

因みに素人のブログですので文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市の『反射炉ビヤ』さ…
  2. 星野製作所(麦) ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は埼玉県の川口市にある『星野製作…
  3. 北谷ハーバーブルワリー(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は興味を持ってたブルワリーさんに…
  4. 伊勢角屋麦酒(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、ビアっぷるは2017年にこのブログ…
  5. 秋田あくらビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 『東北魂ビールプロジェクト』の限定醸造ビー…
ページ上部へ戻る