【長野】志賀高原ビール:「フレッシュホップIPA」を樽で飲んでみました~

志賀高原ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は下高井郡にある『志賀高原ビール』さんより、「Fresh Hop IPA(フレッシュホップIPA)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『SHIGA KOGEN HELLES!?(志賀高原ヘレス)』のボトルでしたが、今回はフレッシュホップを使ったビール🍺。さて、どんな感じか楽しみです😄

志賀高原ビール(フレッシュホップIPA)_イメージ01

『志賀高原ビール』Fresh Hop IPA(フレッシュホップIPA) 詳細

ビール名:Fresh Hop IPA(フレッシュホップIPA)
ブルワリー名:志賀高原ビール
ビアスタイル:IPA(生ホップ)
度数:6.5%
IBU:41
URL:志賀高原ビール
facebook:玉村本店

コチラが「Fresh Hop IPA(フレッシュホップIPA)」のビール画像です。

志賀高原ビール(フレッシュホップIPA)_01

Fresh Hop IPA(フレッシュホップIPA)」飲み応えレビュー

見た目は、文句なしに素晴らしく綺麗でクリアな黄金色
香りは、フレッシュだからこそ微だがグラッシーな感じが気になる…
飲み口は、ホップの苦味はIBU41だが控えめで持続性としては舌奥で少し残る感じで許容範囲内。また求めてる甘さはない。そしてフレッシュなホップ感は伝わるが弱め。またこの微グラッシーさを感じるのと甘さがないのは残念んだが、何やらモルト由来であろう味に好感が持てるのは気の所為か?。ボディはライトで志賀さん“らしさ”を感じるが、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

初フレッシュホップビールは敢えて志賀高原ビールさんを…

この「Fresh Hop IPA(フレッシュホップIPA)」ですが、ホップはカスケードとウィラメットの2種類の様ですね。またモルトはマリスオッターとピルスナーモルトを使い、原材料の生ホップは志賀高原さんの方達が一粒一粒手摘みして獲れたての生ホップを使い醸造された生ホップIPA。一応、『志賀高原IPA Harvest Brew』とは別物ですのでお間違いのないように😅。最初に一言、確実に国産のホップレベルは上がってきてるのをひしひしと感じています。が、やっぱりビアっぷる的にはまだまだ国産生ホップは苦手さを感じる😵。ビアっぷるは今年初の生ホップビール🍺でしたが、勝手ながら敢えて国内超トップクラスの志賀高原ビールさんにさせて頂きました。結論は、独特なグラッシーさは弱めで飲みやすい方でしたしまさか好みなマリスオッターを使われてるとは思わずもモルトの感じが凄く好感を持てたが…即グラッシーさが追いかけ一瞬で掻き消されてしまい苦手意識が💦。ただ、飲んでる最中に志賀高原ビールさんファンには間違いなく好まれるだろうなと“らしさ”を感じたビールでもありました🍺。好みは人それぞれではありますが過去に生ホップを使ってインパクトが強く好みだったのが、南横浜ビール研究所さんの『山梨産 生ホップペールエール』。山梨産の生ホップの“かいこがね”と“カスケード”等を使われておりましたが、かなり好みだったのを今でも覚えてます✨。今年はどんな国産生ホップのビールが飲めるのか期待半分ですが、“飲んでみないとわからない”ですからね。他のブルワリーさんのも飲ませて頂きたいと思うビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、長野県は下高井郡にある『志賀高原ビール』さんより、「Fresh Hop IPA(フレッシュホップIPA)」をご紹介しました。ホップがやや弱めで優しいフレッシュホップビールという感じかな。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. アマクサソナービール(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUS…
  2. カケガワファームブルーイング(ロゴ01)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は静岡県は掛川市の『Kakega…
  3. ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
ページ上部へ戻る