『MARCA(マルカ)』からコラボビールの「Brut IPA(ブリュットIPA)」を樽で飲んでみました~

MARCA(ロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、年末年始にかなりの様々なクラフトビールを飲みブログが追い付いてないビアっぷるですが、 今回は大阪MARCAさんにて大阪のKamikazeさんとのコラボビールとなる「Brut IPA(ブリュットIPA)」を樽で飲んでみましたよ~。ええ、ビアっぷるはBrut IPA(ブリュットIPA)が苦手ですが、MARCAさんのBrut IPA(ブリュットIPA)なら飲めるかも!?…と淡い期待をして飲んでみました^^;

ビール名:Brut IPA(ブリュットIPA)
ブルワリー:MARCA(マルカ)
ビアスタイル:ブリュットIPA
アルコール度数:6.5%
IBU:35
URL:MARCA(マルカ)
facebook:MARCA(マルカ)

コチラがその「Brut IPA(ブリュットIPA)」のビール画像です。

MARCA(Brut IPA)

見た目ですが、見た目は黄金色で綺麗に透き通った感じですね。
香りは表現は難しいが苦手なのはなんだ!?と思いました。
飲み口は、微かにベルジャンっぽい?何かを感じるのは何なんだろうか?と思いながら、苦味は全くなく、甘さも当然少ないはずが微かに感じるのはマルカさんの醸造手腕?ドライ全開ではあるがパイントだと特徴がないスタイルだけに飽きてくるので進まなくなった。凄く簡単に表現すると『シャンパンから甘さを抜いたビール』なのですが、ビアっぷるには“味がない“感じが特に好みではないなぁ…と。ただ、今まで飲んだBrut IPA(ブリュットIPA)の中では1番好みと思いました^^;

はい、この「Brut IPA(ブリュットIPA)」ですが、大阪のKamikazeさんとのコラボビールとの事で、仲が良いですね。というのもカミカゼさんの6周年記念ビールの『Session IPA(セッションIPA)』もコラボしてますし、仲が良い事は良い事ですが、MARCAさんが醸造をしレシピを考えてると思うが、Kamikazeさんとして何をコラボしたのかは気になるビアっぷるでした。いつも捻くれておりすいません^^;

醸造の方ですがホップはアマリロとネルソンソーヴィン、そしてモザイクホップを使用しており、酵母はシャンパン酵母を使用し醸造されてます。えっと、またいましたモザイクホップさんwww
香りも飲んだ際も“何か”を感じたのはこれでしょうきっと(@_@;)
という事で、ビアっぷるの意見だと簡単に終わってしまうので当日にビア仲間が複数人いたのでお聞きしました。

そもそもBrut IPA(ブリュットIPA)自体が好みでない方が多かった。また、ニューイングランドIPAの様にブルワリーさんがアチコチ醸造する訳ではなく、アウトサイダーさんの『ブルートIPA』 しかり探求心や向上心があるブルワリーさんが醸造をしてるイメージのあるスタイル。という話しになりました。実際はわかりませんがビアっぷるの意見としては日本でのサワーエールと同様で、極一部の方が好みのスタイルという事かな。需要が広まりにくいビアスタイルでもあるとと思ってますが今後広がってきたら素直に謝りますので許して下さいね(^^ゞ

はい、という事で今回は『MARCA(マルカ)』さんからKamikazeさんとのコラボビール、「Brut IPA(ブリュットIPA)」を紹介しました。皆さんもどこか飲める機会があれば是非飲んでみて下さいね~

最後に、『ビアナビ』では1日1記事ですがなるべく最新のビール情報、ビアイベント情報とクラフトビールに関わるブログを挙げております。また、スマホで見るのも有難いのですが、PCで見ると見栄えもまた全然違いますのでもし宜しければ見て下さいね~

ではでは、今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. Be Easy Brewing(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、青森県は弘前市にある『Be Eas…
  2. 常陸野ネストビール(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、もうクラフトビール業界では有名過ぎ…
  3. 秩父麦酒(ロゴ2)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は埼玉県は秩父市にある『秩父麦酒…
  4. 浜松クラフトビアフェス2019 in ソラモ(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。  はい、今回で第2回目となる『浜松…
  5. T.Y.HARBOR BREWERY(ティー・ワイ・ハーバー・ブルワリー)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京都品川区にある『T.Y.HAR…
ページ上部へ戻る