【大阪】マルカブルーイング:「Brut IPA(ブリュットIPA)」を樽で飲んでみました~

Marca Brewing(ロゴ)_01newnew

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、年末年始にかなりの様々なクラフトビールを飲みブログが追い付いてないビアっぷるですが、 今回は大阪府は大阪市にある『Marca Brewing(マルカブルーイング)』さんより、コチラも大阪の『Kamikaze』さんとのコラボビール、「Brut IPA(ブリュットIPA)」を樽で飲んでみました~。ええ、ビアっぷるは今まで飲ませて頂きBrut IPA(ブリュットIPA)が苦手気味ですが、MARCAさんのBrut IPA(ブリュットIPA)なら飲めるかも!?…と微かな期待を胸に飲ませて頂きました^^;

ビール名:Brut IPA(ブリュットIPA)
ブルワリー:Marca Brewing(マルカブルーイング)
ビアスタイル:ブリュットIPA
アルコール度数:6.5%
IBU:35
URL:MARCA(マルカ)
facebook:MARCA(マルカ)

コチラがその「Brut IPA(ブリュットIPA)」のビール画像です。

MARCA(Brut IPA)

見た目ですが、見た目は黄金色で綺麗に透き通った感じですね。
香りは表現は難しいが苦手なのはなんだ!?と思いました。
飲み口は、微かなベルジャンっぽさに何か違和感?を感じるのは何?と思いながら、苦味はなく甘さも当然少ないはずが微かに感じるのはマルカさんの醸造手腕?。そしてドライさ全開で特徴がわかり辛いビアスタイルだけに、パイントだと単調になり飲み進まない。凄く簡単に表現すると『シャンパンから甘さを抜いたビール』だが、味がなく感じてしまうビアっぷるには好みには至らなかったが、今まで飲んだBrut IPA(ブリュットIPA)の中では1番好みと思いました^^;

はい、この「Brut IPA(ブリュットIPA)」ですが、カミカゼさん6周年記念ビール『Session IPA(セッションIPA)』もコラボしてますし余程仲が良いのでしょうね。捻くれ者のビアっぷるだが、MARCAさんがレシプを書き醸造を醸造までされるのだが、“コラボ”としてKamikazeさんは何をしたんだろう?と毎度コラボって気になる。。。そんな中、ビール詳細ですが、ホップはアマリロとネルソンソーヴィン、そしてモザイクホップを使用。酵母はシャンパン酵母を使い醸造されたブリュットIPA。あ、、、またいましたモザイクホップさんwww。香りも飲んだ際も“何か”の違和感を感じたのはきっとこれでしょう(@_@;)。

また、一応ビア仲間にもブリュットはどうか聞いてみたが、好みでない方が多かった。また、ニューイングランドIPAの様にブルワリーさんがアチコチ醸造する訳ではなく、アウトサイダーさんの『ブルートIPA』 しかり探求心や向上心があるブルワリーさんが醸造するイメージのビアスタイル…という話しになりました。実際はわからないがビアっぷるの意見としては、極一部のブルワーさんが好んで醸造されるスタイルという事かな?。需要はかなり広まりにくいビアスタイルな想定だが、今後広がってきたら素直に謝りますので今は許して下さいね(^^ゞ

はい、という事で今回は大阪市にある『Marca Brewing(マルカブルーイング)』さんと『Kamikaze』さんとのコラボビール「Brut IPA(ブリュットIPA)」を紹介しました。皆さんもどこか飲める機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る