『星野製作所(麦)』から「金曜日のコスモ)」を樽で飲んでみました~

星野製作所(麦) ロゴ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回はこのブログで2回目の登場となる埼玉県は川口市にある『星野製作所(麦)』さんより限定醸造の「金曜日のコスモ」を樽で飲みましたので紹介したいと思います。いやぁ、初飲みの「ホワイトコーヒー」がかなり好みだっただけに気になるブルワリーさん。更にマンゴーを使ったヴァイツェンとの事で飲みたさ2倍って感じです!

ビール名:金曜日のコスモ
ブルワリー名:星野製作所(麦)
ビアスタイル:マンゴーヴァイツェン
アルコール度数:4.8%
IBU:??
facebook:星野製作所(麦)

コチラがその「金曜日のコスモ」のビール画像です。

星野製作所“麦”(金曜日のコスモ)

見た目は綺麗なオレンジ色の中に濁りあり。
香りはマンゴー感はほのかに感じたが思ったより少なめ。
飲み口は、苦味はなく甘さは控えめではあるが酸味をかなり強く感じた。ューシー感がありヴァイツェンとうまく調和されてる感じだが小麦感がやや少ないかな?2度めだが前回同様ビール自体のバランスは好みなのだが、欲を言えばマンゴーの甘さが欲しかったな(^^;)

はい、この「金曜日のコスモ」ですがマンゴー自体を使ったというよりはマンゴーピューレを使用した様ですね。ビアっぷるはかなり好きでして、マンゴーと言われるとアルフォンソマンゴーやペリカンマンゴー、アップルマンゴー、宮崎県の太陽のタマゴ等色々とありますが好みはペリカンマンゴー!!。甘さとジューシー感がかなり好み。えっと余計な話だがこのマンゴーピューレってどんなマンゴー使ってるのかなぁ?ブレンドかなぁ?気になるなぁ^^;

この星野製作所(麦)さんのビールですがビアっぷるの行きつけのビアバーではなかなかお目にかかれないブルワリーさん。初飲みのコーヒーヴァイツェンはコーヒー感は少なかったもののヴァイツェンそのものが好みだった。ヘッドブルワーさんの醸造過程でヴァツェンへの拘りと醸造への拘りをかなり持ってらっしゃるのは職人として素晴らしい事ですね。その“拘り”がうまくビールになった時にはより一層好みなビールになるはず。それを楽しみに今後も機会があれば、星野製作所(麦)さんのビールを飲みたいと思うビアっぷるでした(´▽`)

はい、という事で今回は『星野製作所(麦)』さんから「金曜日のコスモ)」を紹介しました。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビール情報やビアイベント情報、ブルワリー情報など紹介してます。もしご興味があれば是非他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、
情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、
日々ビアバーを飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールは嫌いでした。
が、クラフトビールに出会い、
強烈な衝撃を受け一気にハマりました。
基本的に樽でしか好まず、缶・ボトル、
そして海外のビールは好みません。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが、
1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、
ブログでお伝えできればと思っています。

因みに素人のブログですので文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ワイマーケットブルーイング(ロゴ3)
    こんにちは、こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、ちょっとブログアップが…
  2. 反射炉ビヤ ロゴ2
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は静岡県は『反射炉ビヤ』さんから限定醸…
  3. Two Rabbits Brewin ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、滋賀県近江八幡市の『Two Rab…
  4. 御殿場高原ビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログで初登場となる静岡県は御…
  5. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、以前からお伝えしてるように“ソラチエ…
ページ上部へ戻る