『城端麦酒(じょうはなビール)』から「Kaede(楓)」を樽で飲みました~

城端麦酒_ロゴ1

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、富山県南砺市にある『城端麦酒(じょうはなビール)』さんから、定番の「Kaede(楓)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。定番ビールで初飲みとなりますが、さすが城端さんらしくクリアで赤色で綺麗な感じのビールですよね~^^

ビール名:Kaede(楓)
ブルワリー名:城端麦酒(じょうはなビール)
ビアスタイル:フルーツエール
アルコール度数:4.5%
IBU:15
URL:城端麦酒(じょうはなビール)
facebook:城端麦酒(じょうはなビール)
※定番ビールですが限定醸造カテゴリに入れます。

コチラがその「Kaede(楓)」のビール画像です。

城端麦酒(Kaede(楓))

見た目は、クリアで光加減により更に綺麗な赤褐色ですね~
香りは、甘酸っぱい酸味がほのかに出てる感じ。
飲み口は、酸味は出てるがそこまでキツい感じではなかった。また甘さはなかったし、苦みもない。ジュースみたいに軽い飲み口で女性には好まれるビールでしょうね。一応アルコール度数4.5%はあるので飲みすぎ注意ですが、ビアっぷるは物足りず好みではないかな^^;

はい、この「Kaede(楓)」ですが、以前から『Kaede(楓)』はあった様ですがその時は甘かったのかな?今回は、カシスの果汁を贅沢に使ったことで心地よい酸味感を出してきた様ですが、ビアっぷるには思ったより酸味はそこまでキツくなかったですし、カシスの味は程よく感じたが、鼻から抜ける香りにカシスがないのは残念だったかな。

また、泡の部分を画像で見て頂いての通りピンク色ってのがまた女性に好まれそうな感じですが、ビアカクテルの様な感じで非常に飲みやすいし、これがビール!?っていうのを思う方もいそうですね~。城端さんの定番ビールの様ですし、既に認知度もありそうな「Kaede(楓)」ですが前回初登場となった『俺のA.J.I -MASAJI THE GREAT- 2018』でもお伝えしましたが、ビアっぷるの城端さんと言えば、断トツで“アールグレイ”でして、それ以外を飲んだのはその『俺のA.J.I -MASAJI THE GREAT- 2018』がかなり久しぶりでした。正直、この「Kaede(楓)」が定番ビールという事すら知らなかったですが、結論はアールグレイが城端さんでは一番の好みだなと改めて実感しました(´▽`)

はい、という事で今回は『城端麦酒(じょうはなビール)』さんから「Kaede(楓)」を紹介しました。ビアカクテルの様でカシスジュースの様な感じでもあるので女性の方には特にオススメかと思います。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』では、1日1記事ブログをアップしております。最新のクラフトビール情報やビアイベント情報、ブルワリー情報等々ですので、もしご興味があれば他にもご覧いただけると嬉しいです(^^)

ではでは、今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る