【滋賀】Two Rabbits Brewing:「WHITE RABBIT KINKAN WIT(ホワイトラビット金柑ウィット)」を樽で飲みました~

Two Rabbits Brewin ロゴ

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、滋賀県近江八幡市の『Two Rabbits Brewing』さんから「WHITE RABBIT KINKAN WIT(ホワイトラビット 金柑ウィット)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。このブログでは初登場となるブルワリーさんのですが、昨年大阪のCraft Beer Live 2018に参加した際に飲んだブルワリーさん!?と思ったら、奈良県の『Golden Rabbit Beer(ゴールデンラビットビール)』さんと似てて勘違いしちゃいましたよ~^^;

ビール名:WHITE RABBIT KINKAN WIT(ホワイトラビット 金柑ウィット)
ブルワリー名:Two Rabbits Brewing(トゥーラビッツブルーイング)
ビアスタイル:セッションウィート?
アルコール度数:4.5%
IBU:15
URL:Two Rabbits Brewing(トゥーラビッツブルーイング)
facebook:Two Rabbits Brewing(トゥーラビッツブルーイング)
※定番ビールの様ですが限定醸造カテゴリに入れます

コチラがその「WHITE RABBIT KINKAN WIT(ホワイトラビット 金柑ウィット)」のビール画像です。

Two Rabbits Brewing(ホワイトラビット 金柑ウィット)

見た目は、濁ってくすんだ感じの黄色ですね。
香りは、スパイスの香りが思ったより好みと感じました。
飲み口は、鼻から抜けるスパイス感は良くビール自体もコクがありしっかり目でした。また苦味は抑えめで、甘さは控えめ。国産の金柑を使用してるとの事で脳に捜索願いを出すが、残念ながら金柑は感じれませんでした。ビアっぷる的にビール自体はバランスが取れいいなと思ったが、味にもうワンパンチ欲しいところで好みではありませんでした^^;

はい、この「WHITE RABBIT KINKAN WIT(ホワイトラビット 金柑ウィット)」あ定番ビールの様ですが、ホップの代わりに日本産の金柑とオーストラリアのスパイスを使用した様です。爽やかな感じは伝わるが何か物足りなく感じてしまうのはビアっぷるだけ?ヘッドブルワーさんはオーストラリアの方?の様で海外の方が日本で醸造するブルワリーさんが多くなりましたが、日本で醸造してるからこそ京都醸造さんの様に、日本人へ向けたプロモーション戦略で販売してもらえるとビアっぷる的には嬉しいかな(^^;)

また、その他定番ビール?としては、
・The Jackrabbit Aussie Pale Ale(ザ ジャックラビット オージーペールエール)→アルコール度数5.0%、IBU40

Black Rabbit Cold-brewed Coffee Stout(ブラックララビット 水だしコーヒースタウト)→アルコール度数5.5%、IBU42

Classic Bunny APA(クラシックバニー APA)
→アルコール度数5.0%、IBU40

Classic Bunny Hefe(クラシックバニー ヘフェ)
→アルコール度数5.0%、IBU11

と、ある様ですね。ビアっぷるはまた機会があれば他のビアスタイルを飲んでみたいとは思いますが、環境が整わないと難しいのは重々承知と思いつつもやはりピルスナーを醸造してほしいのが本音ですね~(´▽`)

はい、という事で今回は『Two Rabbits Brewing(トゥーラビッツブルーイング)』さんから「WHITE RABBIT KINKAN WIT(ホワイトラビット 金柑ウィット)」を紹介しました。皆さんも飲める機会があれば、是非飲んで自身の舌で確かめてみて下さいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビール情報やビアイベント情報、ブルワリー情報など紹介してます。もしご興味があれば是非他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは基本的に好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多く日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京は銀座でOPENした“クラフト…
  2. 宮崎ひでじビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、宮崎県は延岡市にある『ひでじビール…
  3. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  4. murmur(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は日光市にある『murmur…
  5. MARCA(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、大阪は北堀江にあるMarca Br…
ページ上部へ戻る