『箕面ビール(みのおビール)』から「桃ヴァイツェン(白鳳)」を樽で飲みました~

箕面ビール ロゴ1

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、先日は箕面ビールさんの1バッチ目となる『桃ヴァイツェン(早生)』を紹介しましたが、
2バッチ目となる第2弾の「桃ヴァイツェン」は『白鳳』でした。
はい、タイミングよく繋がっており樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。
相変わらずの人気で開栓と同時にお客さんから注文が殺到してましたよ~^^;

ビール名:桃ヴァイツェン(白鳳.ver)
ブルワリー:箕面ビール
スタイル:ヴァイツェン
アルコール度数:5.0%
URL:箕面ビール
facebook:箕面ビール

それでは「桃ヴァイツェン(白鳳)」のビール画像はコチラです。

見た目は一瞬、ネクターみたい!というのと、ニューイングランド!?と思うくらい濃い濁り系ですね。
香りは非常に立っていてこれが『白鳳』の香りなんですね~って、凄く芳醇でフルーティー。
飲み口ですが、戸惑ってしまったが芳醇でフルーティーからは真逆の感想になりますが、
さっぱりで凄くジューシーではありますが、ビアっぷるの欲しい甘味がほぼない><
という事からビアっぷるは前回の『早生』の方が好みでしたがそれでも桃ヴァイツェンとしてはやはり素晴らしいデキ。
第3弾の桃は忘れたから何だったかなぁ??と思いながらゆっくり飲ませて頂きました^^;

余談ですが前回は『早生』、今回も和歌山のあら川の桃で種類は『白鳳』を使ってるのですが、
今回の桃、生の『白鳳』を食べたら甘味は控えめで香りが芳醇という感じなんでしょうか?
実際にどこまで味が近いのか気になるので機会があれば試してみようかな(^^ゞ

しかし箕面ビールさんは桃ヴァイツェンを醸造して9年目になるんですね~
色々な桃を使った中で和歌山県の八旗農園さんの『あら川の桃』が結果的に選ばれたという事で、
今の「桃ヴァイツェン」が完成されたのは全てがうまくマッチして良かった!
ただ、飲む方はこうやって感想を言ってるだけで済むので申し訳ないなぁ~という気持ちはありますが、
桃って言えばイメージ的に直ぐ傷むし、風味も落ちるのが早いし醸造までの作業は間違いなく大変そう。。。
まぁ、その大変さがこの美味しさにも結びついてるのでしょうが、
いやぁ、ほんとどのブルワリーさんにもビールを造ってもらって感謝感謝ですね~^^

はい、という事で今回は『箕面ビール』さんから第2弾「桃ヴァイツェン(白鳳)」を紹介しました。
皆さんも見つけたら是非飲んでおいてくださいね!
ビアっぷるは第3弾もタイミングが合えば飲んでおきたいと思います。

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る