【奈良】奈良醸造:「キャラメルマン」を缶で飲んでみました~

奈良醸造ブルーイング(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、奈良県奈良市にある『NARA BREWING.co(奈良醸造)』さんから、「CARAMEL MAN(キャラメルマン)」を缶で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『FUNCTION(ファンクション)』で、かなり好みでした✨。今回は、敢えて“缶(窒素詰め)”を見つけたので凄く楽しみにしていましたが…よもやの酔った勢いで開けてしまい、窒素詰めが台無し…ええ、自爆です💣😵

奈良醸造(キャラメルマン)_image01

『NARA BREWING.co(奈良醸造)』CARAMEL MAN(キャラメルマン) 詳細

ビール名:CARAMEL MAN(キャラメルマン)
ブルワリー:NARA BREWING.co(奈良醸造)
ビアスタイル:イングリッシュブラウンエール
アルコール度数:5.0%
IBU:12
URL:NARA BREWING.co(奈良醸造)
facebook:NARA BREWING.co(奈良醸造)

それではコチラがその「CARAMEL MAN(キャラメルマン)」のビール画像です。

奈良醸造(キャラメルマン)_缶01
奈良醸造(キャラメルマン)_缶02

「CARAMEL MAN(キャラメルマン)」飲み応えレビュー

見た目は、キャラメル色を思わせるブラウン系(気泡は汚れではありません😅)
香りは、バニラの様な甘さ思わせる優しい風味で期待度UP
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性は舌奥で残るがスッと消える感じ。また求めてる甘さはない。そして開口一番に“水っぽい”。からのアーシーさを感じる味から甘さがなく、温度上昇と共に強めなホロ苦さが後に残るかな。ボディはライトで飲みやすいが、キャラメルの様なフレーバー等は感じれど塩も感じきれなかった。窒素出しだからこそ良さが出たのかもしれず申し訳ないが、今回の飲み方的には残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

“大人過ぎた!?”飲む塩キャラメル…

この「CARAMEL MAN(キャラメルマン)」ですが、「大人のための飲む塩キャラメル」をコンセプトに醸造されたイングリッシュブラウンエールですね。ビールの詳細は、ホップがワイメアとメルクールの2種類。その他原材料には、含蜜糖(モラセスシュガー/焦がし砂糖の風味が強い)と塩、そして香料を加え醸造された様です。香料が加えられてるのはちょっと残念ですが、購入前にビール名からも『Sweet Memories(スウィートメモリーズ)/窒素配合ver.』に次ぐ面白味があるビールではありましたが、好みは人それぞれも…よもやの“大人過ぎた”飲む塩キャラメルビール🍺で、ビアっぷるの欲しい“大人の甘さ”は全くなく妄想でも自爆💣😵。まぁ、そもそも推奨されてる飲み方をしてないのは申し訳なくも感じますが、酔った勢いで開けたのはビアっぷる意外にもいるはず!?…皆さん気をつけましょうね😁。そして近日樽(ドラフト)でリベンジ予定だけに、今度こそ…推奨されてる飲み方で飲ませてもらうビアっぷるでした😅

はい、という事で奈良県奈良市にある『NARA BREWING.co(奈良醸造)』さんの「CARAMEL MAN(キャラメルマン)」をご紹介しました。ホロ苦さが段々強くなる印象のキャラメルビール🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る