【奈良】NARA BREWING.co(奈良醸造):「SIMOON(シムーン)」を樽で飲みました~

奈良醸造(ロゴ3)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、奈良県奈良市にある『NARA BREWING.co(奈良醸造)』さんから、「SIMOON(シムーン)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。またまた久しぶりの奈良醸造さんのビールですが、“SMaSH”で好みなビールはあまりないのですが、安定感のある綺麗なビールを造るイメージの奈良醸造さんなら…で飲んでみました( ´∀`)

奈良醸造ブルーイング(イメージ)03

『NARA BREWING.co(奈良醸造)』SHIMOON(シムーン) 詳細

ビール名:SIMOON(シムーン)
ブルワリー:NARA BREWING.co(奈良醸造)
ビアスタイル:SMaSH American IPA
アルコール度数:6.3%
IBU:39
URL:NARA BREWING.co(奈良醸造)
facebook:NARA BREWING.co(奈良醸造)

それではコチラがその「SIMOON(シムーン)」のビール画像です。

奈良醸造ブルーイング(シムーン)01

「SHIMOON(シムーン)」飲み応えレビュー

見た目は、超クリアな琥珀色で凄く綺麗なですね~
香りは、ホップよりモルト!?の優しい感じが“らしさ”を出してますね。
飲み口は、ホップの苦味は毎度のことながら控えめでほとんど気にならない。また求めてる甘さではないが、包み込む様なモルトの甘さと柑橘系らしい味とのバランスが絶妙なマッチ感ですね。ボディはライトめで相変わらずビールが綺麗にまとまっている印象。ただ、やはり綺麗すぎでビアっぷるには物足りず、残念ながら好みまではには至りませんでした^^;

奈良醸造ブルーイング(シムーン)_flyer01

この「SIMOON(シムーン)」ですが、ホップはSMaSHスタイルという事からシムコーのみで、モルトはマリスオッターの1種類ずつ。今更!?ですが因みにSMaSHは、“Single Malt and Single Hop”の頭文字でして、1種類のホップと1種類のモルトで醸造されたビールという事ですね。ええ、素材が露骨に出るビールですのでビアっぷるだと仮にモザイクホップで醸造されると、飲む事はないでしょうが、苦手なホップなので一撃で苦手なビールとなる極めて紙一重な製法ですね(^_^;)。とはいえ、さすが奈良醸造さんでやはり綺麗にまとまったバランスが良いビールですね。SMaSHスタイルは苦手なビアっぷるも、『なるほど、味は好みではないがビール自体が素晴らしい』と納得のビールでした。

『NARA BREWING.co(奈良醸造)』最新情報

そしてビアっぷるが2年連続で参加している大阪は難波で開催される、

CRAFT BEER LIVE 2020(ポップ)01

『CRAFT BEER LIVE 2020』に今年も参加予定の様ですね!ただこのコロナの影響がどう出るか気になるところですが、その頃には落ち着いてる事を願うのみ。ビアっぷるはこの状況なので早めに予定を組みたくとも“中止”の可能性もあるので現状は不参加の予定です。関東ではなかなか飲めないブルワリーさんが集まるこのビアイベントはビアっぷる的に年間でこのイベントとブルワーズカップが好きなイベント。今回は残念ですが、また参加できる時がきたら是非参加したいと思っています( ´∀`)。

はい、という事で奈良県奈良市にある『NARA BREWING.co(奈良醸造)』さんから、「SIMOON(シムーン)」をご紹介しました。ビアっぷるが感じる安定したまとまりのあるビールを飲みたい方は、是非この奈良醸造さんのビールを飲んでみてはいかがでしょうか。 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る