【大阪】六甲ビール:「ヘイジーセッションIPA」を樽で飲んでみました~

六甲ビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、もう有名ですがこのブログで初登場となるブルワリーさんです。兵庫県は神戸市にある『Rokko Beer(六甲ビール)』さんから「Hazy Session IPA(ヘイジーセッションIPA)』を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。“セッション”という点がネックも六甲さんのヘイジーは初飲みだったので飲んでみる事にしましたが、どんな感じでしょうか😄

六甲ビール(ヘイジーセッションIPA)_イメージ01

『Rokko Beer(六甲ビール)』Hazy Session IPA(ヘイジーセッションIPA) 詳細

ビール名:Hazy Session IPA(ヘイジーセッションIPA)
ブルワリー名:Rokko Beer(六甲ビール)
ビアスタイル:セションIPA
アルコール度数:4.5%
IBU:???
URL:Rokko Beer(六甲ビール)
facebook:Rokko Beer(六甲ビール)

こちらが、「Hazy Session IPA(ヘイジーセッションIPA)」のビール画像です。

六甲ビール(ヘイジーセッションIPA)_01

「Hazy Session IPA(ヘイジーセッションIPA)』飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある少し深みのある黄色という感じでしょうか
香りは、ややグラッシー感があれどフルーティーさがしっかり
飲み口は、ホップの苦味は強めにあるが持続性は舌奥でやや残る感じ。また求めてる甘さはない。そしてやや柑橘さとグラッシーなホップフレーバーから控えめなジューシーさもあり。飲み後には程よい甘さもあるが、温度が上がるとホップの苦味がかなり強くジワジワ残る感じ。ボディはミディアムで飲み応えもあり、セッションにしては奥深くコクもありかなり飲みやすい。苦味だけは気になるが…それでもヘイジーセッションIPAの中ではビアっぷるの好みな方のビールでした✨

濃さのあるヘイジーIPAを飲んでみたい…

この「Hazy Session IPA(ヘイジーセッションIPA)」ですが、ホップはストラタを主として使われており他のホップも使われてると思うが種類まではわからず。またその他原材料には、オーツ麦や糖類を加え醸造されてるヘイジーセッションIPAですね。六甲ビールさん…懐かしいが『CRAFT BEER LIVE 2019』に参加した期間に、確か神戸のビアバーさんで飲ませて頂いたのを思い出す。当時2~3種類(全てドラフト)飲ませて頂き大変申し訳ないが…💧という感じで、その後は飲む機会も減ってました。そんな中で久しぶりの再飲でしたが、“今風なヘイジーIPA感”で何よりビール自体が良い意味で進化してる印象を受けビックリ😵。ホップのグラッシーな感じや苦味はビアっぷるの好みという部分でやや気になったが、ビアスタイル的にセッションIPAで低アルコールの4.5%ながら、良い意味で深みにコク、控えめではあるがヘイジーのジューシーさや軽過ぎない飲み応えで飲みやすかった。このヘイジー感ならば、以前醸造されて?クライオホップを使ったという『HEAVEN SKY IPA(アルコール度数8.0%)』の様な濃いヘイジーIPAを樽(ドラフト)で飲んでみたい!と、思うビアっぷるでした😄。

はい、という事で今回は、兵庫県は神戸市にある『Rokko Beer(六甲ビール)』さんから「Hazy Session IPA(ヘイジーセッションIPA)』をご紹介しました。セッションでも飲み応えもあり苦みのあるヘイジー。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る