WCB×BeEasy×BTB:「Hopstories(ホップストーリーズ)」を樽で飲んでみました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんと、青森県は弘前市にある『Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)』さん、そして宮城県は気仙沼市の『Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)』さんの3社コラボビール「#hopstories(ホップストーリーズ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。ビアっぷる的にコラボで醸造されるヘイジーはそこまで濃さがないのが大半な印象ですが…さて、どんな感じでしょうか😅

WCB×Be Easy×BTB(ホップストーリーズ)_ウェブフライヤー01

『WCB×BeEasy×BTB』#hopstories(ホップストーリーズ) 詳細

ビール名:#hopstories(ホップストーリーズ)
ブルワリー名:WCB×BeEasy×BTB
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:7.5%
IBU:???
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:Be Easy Brewing(ビーイージーブルーイング)
facebook:Black Tide Brewing(ブラックタイドブリューイング)

コチラが「#hopstories(ホップストーリーズ)」のビール画像です。

WCB×BeEasy×BTB(ホップストーリーズ)_01

「#hopstories(ホップストーリーズ)」飲み応えレビュー

見た目は、にごにごの明るめなオレンジ黄色で正に理想のヘイジーIPA色!
香りは、オレンジっぽさもありながらパインの様な?…難しい。。。
飲み口は、ホップの苦味はやや強めで持続性も舌奥で残る方かな。また求めてる甘さはない。そして弱めなレモンっぽい柑橘さを思わせるホップフレーバーから、意外にもジューシーさが物足りずやや水っぽくも感じた。飲み後には程よい甘さもあるが、ジワジワ…ジワジワ…とホップの苦味であっという間に掻き消される。ボディはミディアムで口当たりの滑らかやアルコール7.5%ながらスイスイと飲みやすくもドライ。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

完成度の高い、苦味のあるヘイジーIPA

この「#hopstories(ホップストーリーズ)」ですがトリプルコラボレーションビール🍺という事で、使用されたホップは3社が各々お気に入りのホップを持ち寄ったとの事。因みにWCBさんがフリースタイルパシフィカで、Be easyさんがサブロを、そしてブラックタイドさんがエルドラドです。そしてその他原材料はわからずも、WCBさんの工場にて醸造されたヘイジーIPAの様です。WCBさん色がしっかり出てますし、3社のコラボで飲めた事に感謝しているビアっぷる✨。反面、どこか『Window to VERTERE(ウインドウトゥバテレ)』以上を期待してしまいました。が、ええ…普通に考えれば“完成度の高いヘイジーIPA”だが、ビアっぷるにはシンプルで苦いヘイジーIPA。WCBさんやブラックタイドさんが得意とする、単体で醸造された“濃い甘さのあるヘイジーIPA”を好むビアっぷるですが、好みは人それぞれも『ホップの苦味が強調されたドライなヘイジーIPA』を好む方には合うと思います。また少し話は変わり…今回ビール名の箇所がかなり気になっています。敢えての広告的戦略の1つでは?と勘ぐってるのですが、頭に付いた“#”。SNS系ではハッシュタグになるので投稿がしにくいなぁ~😅。という事で、大変申し訳ないがタイトルだけ“#”は外させて頂いております。まぁ、リリースされて素晴らしい事に即完売続出。それだけこのトリプルコラボは話題性抜群のビール🍺で、SNS系でも好みな方もかなり多い。ただ、もし次回のトリプルコラボがあるならば、“濃さのあるヘイジーIPA”を期待しちゃってるビアっぷるでした😁

はい、という事で今回は、『WCB×BeEasy×BTB』さんのトリプルコラボレーションビールとなる「#hopstories(ホップストーリーズ)」をご紹介しました。完成度が高いホップの苦味があるドライなヘイジーIPA。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る