【熊本】アマクサソナービール:「フェイスフル」を樽で飲んでみました~

アマクサソナービール(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』さんより、「Faithful(フェイスフル)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Bright Morning(ブライトモーニング)』の樽(ドラフト)をご紹介しましたが、今回もスムージーサワー✨。さて、前回が思ったよりドロドロがなくなってたが…今回はどんな感じでしょうか😄

アマクサソナービール(フェイスフル)_イメージ01

『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』Faithful(フェイスフル) 詳細

ビール名:Faithful(フェイスフル)
ブルワリー:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)
ビアスタイル:フルーツスムージーサワー
アルコール度数:4.5%
IBU:???
URL:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)
facebook:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)

こちらが「Faithful(フェイスフル)」のビール画像になります。

アマクサソナービール(フェイスフル)_01

「Faithful(フェイスフル)」飲み応えレビュー

見た目は、泡ぶくでニゴニゴのくすんだベージュな感じかな
香りは、ソフトクリーム由来か?甘やかな感じが心地よい
飲み口は、柑橘系由来のフルーツであろう酸味が強すぎず弱すぎず絶妙なバランス。ただ、その酸味以外フルーツの特徴が…飲み後には微甘酸っぱさはあるが、酸味が主張して柑橘っぽい味だけが残る印象。ボディはミディアムで飲み応えはあり口当たりも滑らかは好ポイントも、サラサラ。“らしさ”が…という感じで残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

前回に続き“らしさ”が…?

この「Faithful(フェイスフル)」ですが今回もホップの使用はなしかな。またその他原材料には、不知火というデコポン(熊本県宇城市産)にプラム(長野県産)にキウイやメロンも。更にソフトクリーム(永田冷菓)も使い醸造された大人気のスムージーサワー✨。ふと気づいたが、原材料は前回同様の“熊本県×長野産”だが最近の拘りかな?と、感じ方は人それぞれだが…プラム(キウイはいそう😅)由来であろう“酸味”が主役のスムージーサワー!という印象で、興味のあったメロン感は完全に埋もれデコポンは?という感じ。うーん、以前ならこういうところも感じさせるのがアマクサさんのスムージーの凄さに良さだと思ってたが、“らしさ”が感じれなかった😵。因みに有り難い事にボトルをビア仲間の好意で少しだけ飲ませて頂きました。以前より樽(ドラフト)とボトルの違いはだいぶあるが、かなりサラっサラで何より“プラムの酸味が強すぎて酸っぱい”が全員一致の感想。好みは人それぞれだが、ビアっぷる的に断トツ『SPREAD(スプレッド)』が😍、次に『Dress Up(ドレスアップ)/果肉入りver.』かな?😁。次リリースは、勝手ながらインパクト大でドロドロのスムージーサワーを期待しているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』さんより「Faithful(フェイスフル)」をご紹介しました。酸味の強いスムージーサワー🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る