【京都】Kyoto Brewing(京都醸造):限定醸造の「送り犬(おくりいぬ)」を樽で飲んでみました~

京都醸造(ロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、人気のブルワリーさんで京都府は京都市にある『Kyoto Brewing(京都醸造)』さんから、「送り犬(おくりいぬ)」を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。京都醸造さんのビールは久しぶりに飲んだ感じですが、ビアスタイルがバーレーワイン(ベルジャンだが…)という事で飲んでみる事にしました^^;

ビール名:送り犬(おくりいぬ)
ブルワリー:Kyoto Brewing(京都醸造)
スタイル:ベルジャンバーレーワイン
アルコール度数:9.0%
IBU: 37
URL:Kyoto Brewing(京都醸造)
facebook:Kyoto Brewing(京都醸造)

コチラがその「送り犬(おくりいぬ)」のビール画像です。

京都醸造(送り犬)

見た目は、ややクリア感のある茶色かな。
香りは、優しいフルーティーさとべルジャン感が出てますね。
飲み口は、クチに含んだ瞬間に“ピリッ”としたのは気になるものの、ホップ感はほとんどなく、モルトベルジャン感が引き立ってる感じですね。またモルトの甘さだと思うがあるものの、ビアっぷるが求めてる甘さはなかったかな。ボディはミディアムなあ感じでアルコール度数9.0%を感じさせない飲みやすさ。水っぽくもなく、どっしりまではいかずとも時間をかけてゆっくり飲むには良かったな。ビアっぷるには意外にも好みな方でした^^;

この「送り犬(おくりいぬ)」ですが、ホップはメルクールとアラミスを使用してる様ですが、このビールはかなりのモルト量を使われた様です。また、飲んだ瞬間“ピリッ”としたのは、炭酸が強いわけでもないと感じたので、ベルジャン酵母由来のものでしょうか?今まで飲んだ京都醸造さんのビールの中では好みな方でしたが、やはり京都さんの酵母はやや苦手なんだろうな…と、自身の舌で改めて感じました><

そしてビール名は『送り犬(おくりいぬ)』とまた独特なビール名を付けたなという感じですが、これは山や林道に現れる妖怪だそうです。毎度しっかり自身のサイトでビールの説明を記載して頂いてて本当に素晴らしいですね。また、醸造された経緯は以前にビアっぷるも飲み好みな方だった、Kyoto Brewing(京都醸造)×Anglo Japanese Brewing(AJB)さんのコラボビールの《夜雀(よすずめ)》からインスピレーションを得た事で醸造されボディとフレーバーを少し増した様です。このビールも結果的に好みな方という事で、このシリーズはビアっぷるは好みなんでしょうね。更に今回醸造された一部は“ウイスキー樽で熟成中”という事で、2020年になってのリリース予定だそうです。バーボン樽ではなくウイスキー樽というのは引っかかりますが、どっしり系の方を好むビアっぷるなのでライトなバーレーワインは物足りない部分が出てくる感じですが、飲める環境があれば、是非飲んでみたいですね( ´∀`)

はい、という事で今回は京都府は京都市にある『Kyoto Brewing(京都醸造)』さんから、「送り犬(おくりいぬ)」をご紹介しました。ただでさえ人気のあるブルワリーさんなのに、バーレーワイン…すぐ無くなりそうな予感がしますので機会があれば是非飲んで飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント等を紹介しています。そして毎日更新しているのでツイッターでもいち早く確認できます。ビールの感想に関しては舌は十人十色です。自身の舌で確認してくさいね!また、人気ブログランキングにて、クリックしてサイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になり非常に助かります!ので、良ければご協力お願いします♪♪

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは基本的に好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多く日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 待ってましたよ…今年も販売して頂けますかサ…
  2. タカシヤマクラフトビール祭り2019(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 さて、今回はもう来週に迫った感じですがビア…
  3. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、先日発売されたヤッホーブルーイング…
  4. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、東京は銀座でOPENした“クラフト…
  5. 宮崎ひでじビール(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、宮崎県は延岡市にある『ひでじビール…
ページ上部へ戻る