【長野】Anglo Japanese Brewing:「Rhubarb Sunrise」を樽で飲んでみました~

anglo japanese brewing(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は下高井郡にある『AJB(Anglo Japanese Brewing)』さんから、
Rhubarb Sunrise(ルバーブサンライズ)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。ルバーブという特殊な植物に、ブレタノマイセス…明らかに苦手そうですが…どんなビールも飲んでみないとわからない!ですからね(^_^;)

anglo japanese brewing(ルバーブサンライズ)_イメージ01

『AJB(Anglo Japanese Brewing)』Rhubarb Sunrise(ルバーブサンライズ) 詳細

ビール名:Rhubarb Sunrise(ルバーブサンライズ)
ブルワリー名:AJB(Anglo Japanese Brewing)
スタイル:セゾン
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:AJB(Anglo Japanese Brewing)
facebook:AJB(Anglo Japanese Brewing)

こちらが、その「Rhubarb Sunrise(ルバーブサンライズ)」のビール画像です。

anglo japanese brewing(ルバーブサンライズ)_01

Rhubarb Sunrise(ルバーブサンライズ)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある山吹色という感じでしょうか
香りは、独特な感じはおそらくルバーブ!?と…やや酸味がするかな。
飲み口は、ホップの苦味は程よくあるかなという程度で持続性も弱めに残る印象かな。また求めてる甘さはない。そしてこの独特なフレーバーから酸味という流れはルバーブからかビアっぷる的には癖が強すぎ、後味には渋みも残るのも更に独特さ倍増。フーダー樽感が出てるのは良いのだが、ボディはミディアム寄りのライトで飲み進まないのが本音。またブレタノマイセスの存在がわからないままだったが超レア樽でも、残念ながら好みではありませんでした^^;

独特なルバーブにブレタノマイセスを使用…

この「Rhubarb Sunrise(ルバーブサンライズ)」ですが、ホップは残念ながらわかりませんでした。また地元長野産のルバーヴ、そしてブレタノマイセスを使用しAJBさんのフーダー樽で熟成されたセゾンですね。因みにビアっぷるは口にした事はなく馴染みもほとんどありませんが、“ルバーブ”を調べると…日本では『食用大黄(しょくようだいおう)』とも呼ばれており、酸っぱく渋みを感じる植物だそうです。うーん、特徴だけでは興味は持てないなぁ(^_^;)

更に長期熟成…

またこのビールの詳細にて勝手ながら少し簡略しますが…AJBさんのfacebookには、『ステンレスのタンクで主発酵を済ませ40バレルのフーダー樽に移し、ブレタノマイセスを入れ更に2年間熟成。その後フーダー樽から出して50g/L分のルバーヴを加え、熟成を更に6ヶ月間』で完成したセゾンの様です。凄く気になったのは、ルバーブという独特な植物、そして野生酵母のブレタノマイセスも使い且つ木樽熟成となってるが、このセゾンを求めて飲まれる方は多くはないが間違いなくいるな!と思う程の超マニアックビールだと思ったwww。とはいえビアっぷるは確かにこのビールは苦手なのだが、こういうマニアック(褒め言葉)なビールが飲める事が凄く嬉しい。例えばルバーブ等の存在をビア仲間に聞き、そして自身で調べ人並みには知れた。もちろんビールコメントを見て苦手そう…とは思ったが、ビアっぷる前提の“飲んでみないとわからない”という事からも何事もTRYは必要。そして新たな発見があればクラフトビールを飲んでる醍醐味の1つでもあると思ってるビアっぷる。まだまだこの世には知らない事が沢山あるが、この先もクラフトビールを通じて様々な事が知れるのが楽しみろ思ってます。

余談…

今年はかなり好みの『キングコングニードロップ』を飲みたいのだが、飲めなてないのが現状。間違いなくAJBさんでは醸造をされてるのは知ってるが、『ボトルのみ』の様で樽の販売がないそうです。今年のは諦めるが来年は樽で出てくるといいなぁ~と願う、ビアっぷるでした( ´∀`)。

はい、という事で今回は、長野県は下高井郡にある『AJB(Anglo Japanese Brewing)』さんから、「Rhubarb Sunrise(ルバーブサンライズ)」をご紹介しました。かなり独特な存在感のビール、癖の強いセゾンを好む方には是非飲んでみて欲しいですね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る