【静岡】West Coast Brewing:HOP WAVE(ホップ ウェーブ)を樽で飲みました~

WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんの、「HOP WAVE(ホップ ウェーブ)」を樽で飲みましたでご紹介したいと思います。ビアスタイルがウエストコーストスタイルのダブルIPAとの事でホップ苦味が強いかな…と思いながら、飲んでみないとわからない。という気持ちと、意味のわからない勢いでパイントを頼むという暴挙に出たビアっぷるです(^_^;)

ビール名:HOP WAVE(ホップ ウェーブ)
ビアスタイル:ダブルIPA
アルコール度数:8.0%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラがその「HOP WAVE(ホップ ウェーブ)」のビール画像です。

West Cost Brewing(Hop Wave)

見た目は、クリアめのキレイな黄金色ですね。
香りは、、、ええホップ全開でこれは苦手そうですwww。
飲み口は、始めての味わいという感じでしたがホップが強調されて苦味は舌で残るものの、喉では苦味は少なく思ったよりスッと飲め心地良い余韻が残りました。が、求めてる甘さはないかな。ボディはミディアム寄りのライトな感じでしたが飲みやすいのは感じたが、いかんせんパイントだと温度が上がるとよりホップが強調されてくるのが厳しい。残念ながら味よりホップの苦味が好みではありませんでした^^;

この「HOP WAVE(ホップ ウェーブ)」ですが、ホップはサザンクロス、ワカツ、シムコーを使用してるとの事ですが、“ワカツ”ってニュージランド産のホップの品種名で、ライムに近い香りにやや花の香りがあるホップだそうです。ドライホップに使われたのかな?って、そこまで醸造に興味はありませんが、これはどちらかというとビアっぷるみたいにモルト寄りではなく、IPA好きには好まれるビールって感じですね~。何より後味の心地よさは余韻を残してくれる感じはさすがで素晴らしい。このWIPAは好みではありませんでしたが、このホップの組み合わせで何か別のスタイルを飲んでみたいと思いました^^

そして恒例の勝手ながらビールフライヤータイムですね!今回は…、

West Cost Brewing(Hop Wave)_image1

ドン!と、ビールバランスが良いように波に乗ったホップさんがかなりの荒波の中をバランス取ってますね~、で、過去にサメさんはいましたがまさかのイルカさんがサングラスをかけて初登場!?この角度ならきっとホップさんを見てるのだろうが、何を考えてるのだろうか…?気になるwww。バックには富士山と、静岡県だょ…と、さり気なくアピールされてるのかこれまたGOOD。ビアっぷるはこの絵の感じも好みな方でした( ´∀`)

はい、という事で今回は静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんの、 「HOP WAVE(ホップ ウェーブ)」をご紹介しました。余韻のあるIPAでホップ好きの方は是非飲んで飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る