【千葉】SONGBIRD BEER(ソングバードビール):「MOTUEKA PALE ALE(モチュエカ ペール エール)」を樽で飲んでみました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回はこのブログでもたびたび登場する様になってきました『SONGBIRD BEER(ソングバードビール)』さんから、「MOTUEKA PALE ALE(モチュエカ ペール エール)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。このビールは勝手ながら“限定醸造カテゴリ”に入れますが“定番ビール”だったらごめんなさい><

ビール名:MOTUEKA PALE ALE(モチュエカ ペール エール)
ブルワリー:SONGBIRD BEER(ソングバードビール)
スタイル:ベルジャンペールエール
アルコール度数:5.0%
URL:SONGBIRD BEER(ソングバードビール)
facebook:SONGBIRD BEER(ソングバードビール)

それでは「MOTUEKA PALE ALE(モチュエカ ペール エール)」のビール画像はコチラです。

見た目は透け感はなくちょい濁り気味かな。
香りですがベルジャン感が先にきた後にふわ~っとフローラ感がきて芳醇。
飲み口ですが…やはりベルジャン感がきた後に鼻からフローラ感が出てやや軽い感じで飲みやすい。そして甘味は適度にあり苦みが抑えめでバランスの非常に良いビール。このベルジャン感とフローラ感がケンカしておらずうまく融合しており嫌味がない感じがGOOD!ビアっぷるは想像以上に好みでした^^;

この「MOTUEKA PALE ALE(モチュエカ ペール エール)」ですがどうやら、『小麦麦芽を多めに使ってる』との事でそれがより、この香りと心地よさ感を引き出させてるのでしょうね。ちょっと気になるのが『MOTUEKA』ですがどう読むか?ですが、今回のビールでは『モチュエカ』でしたのでその様に紹介しておりますがビアっぷるは『モトゥエカ派』と言えばいいでしょうか?^^;。まぁ、読み方はどちらも間違ってないやその地域や環境によって色々とありそうで何ともなのでこのへんでやめときます!www

話は変わり『SONGBIRD BEER(ソングバードビール)』さんですが過去に、

Wheat(ウィート)
夏みかんとしょうが
Cuvèe de Printemps(キュヴェ・ド・プランタン)

と3種類紹介しましたが、今回の「MOTUEKA PALE ALE(モチュエカ ペール エール)」も含め、ビアっぷるには珍しく全て好みな方という極めて稀(^^ゞ。先日のKakegawa Farm Brewingさん同様、飲んだビール数少ないが確率的に好みが多いのは嬉しい!!両ブルワリーさん共にビアっぷるにはビールバランスが良いんですよね~。また、この『SONGBIRD BEER(ソングバードビール)』さんってあまりビアバーで繋がってるのを見かけないのですが、千葉側のビアバーではよく繋がってるのかな?もっと東京や神奈川県側で見れてもおかしくない気もするがなんかもったいない。醸造量が少ないや、ボトルが中心!?等々理由はあるかもしれませんがもっと色んな方に飲んで知ってもらいたいブルワリーさんですね(´▽`)。はい、いつかは言い切れないがビアっぷるは必ず現地に飲み行けたらと思ってます!!

そんなこんなで今回は、『SONGBIRD BEER(ソングバードビール)』から、「MOTUEKA PALE ALE(モチュエカ ペール エール)」を紹介しましたが皆さんも見つけたら是非飲んで下さいね!

最後に『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント等を紹介しています。そして毎日新たなブログをいち早くツイッターで確認できます。また、人気ブログランキングにて、クリックしてサイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になり非常に助かります!ので、良ければご協力お願いします♪♪

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビで管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約9年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手さんのビールが苦手でビールそのものも嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
は、絶対大切な事だと思っております。

このブログをきっかけに、全世界のビールファンが1人でも多くビールにも色々な種類や味があるという事と、日本国内のクラフトビールに興味を持ってもらえる様お伝えできればと思っています。因みに企業ではなく、素人のブログですので文章力はともかく内容がおかしい場合はできる限り温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します!

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. Barbaric Works(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、久しぶりの登場となりますが神奈川県…
  2. MARCA(ロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、大阪は北堀江にある『Marca B…
  3. 志賀高原ビール ロゴ
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。  今回は、長野県は下高井郡にある『志賀高原…
  4. 飛騨高山麦酒(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回はこのブログで初登場となる岐阜県は高山…
  5. ビアナビ(コンパクトロゴ)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。  今回は、静岡県は沼津市にある『沼津クラフ…

ビールリンク

ページ上部へ戻る