【和歌山】ノムクラフトブリューイング:「光と影」を樽で飲んでみました~

ノムクラフト(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、和歌山県は有田郡にある『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)』さんから「Hikari to Kage(光と影)」を樽(ドラフト)で飲みましたでご紹介したいと思います。前回の『Nomcraft IPL(ノムクラフトIPL)』は好みではありませんでしたが、今回はゴールデンスタウト!?と謎のビアスタイル…さて、どんな感じでしょうか😄

ノムクラフト(光と影)_イメージ01

『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)』Hikari to Kage(光と影) 詳細

ビール名:Hikari to Kage(光と影)
ブルワリー名:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)
ビアスタイル:ゴールデンスタウト
アルコール度数:5.5%
IBU:48
URL:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)
facebook:Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)

コチラがその「Hikari to Kage(光と影)」のビール画像です。

ノムクラフト(光と影)_01

Hikari to Kage(光と影)」飲み応えレビュー

見た目は、摩訶不思議な“スタウト”記載もありながら超クリアな黄金色!?
香りは、コーヒー感と同時にモルトのふくよかさがかなり心地よい
飲み口は、ホップの苦味は弱めで持続性もそこまで感じないかな。また求めてる甘さはない。そしてホップの控えめなフレーバーからの控えめなコーヒー感と共にスタウトさが後追いで摩訶不思議。飲み後の苦味はほとんど感じないが程よい甘さがあり、ゴールデンエール?…スタウト?…と脳がバグってたが非常に面白いスタイル。ボディはライトで飲み応えと全体的なバランスも含め、かなり好みな方で新鮮さを感じたビールでした✨

ゴールデンエール×スタウト=新ビアスタイル!?

この「Hikari to Kage(光と影)」ですが、ホップは“HBC472”と“マグナム”の2種類という事かな。またモルトにはビアっぷる好みのマリスオッター等が使われており、その他原材料にはラクトースとコーヒーを使い醸造されたゴールデンスタウトですね。そうか、このふくよかさを感じる好みなモルト感はマリスオッターも入ってたか…と思いつつ、見た目は完全にゴールデンエールに対して飲んだ感じはスタウトさも優しく追いかけてくるという、まさに一石二鳥で感じれるビアスタイル😁。非常に面白い試みだと思いましたし、スタウトを好まないビア仲間も『これは好み!』だったり、その他ビア仲間との会話では『ゴールデンエール…スタウトが…でもゴールデンエール…どっち!?、でもビールのバランスがいい』と両スタイルの間の子だがバランスが整ってて話題性は抜群な感じでした。正直、注文は避けてたのだがひょんな事から飲む機会となりましたが、薄さもなく飲み応えと甘さにモルト感とビアっぷるの中では間違いなくノムクラフトさん過去一で好みなビール🍺。独特なラベルの絵にインパクトを感じつつまた機会があれば飲みたいと思わせたビールでした😄

はい、という事で今回は、和歌山県は有田郡にある『Nomcraft Brewing(ノムクラフトブリューイング)』さんから、「Hikari to Kage(光と影)」をご紹介しました。ゴールデンエールとスタウトの間の子だがバランス良。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. アマクサソナービール(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUS…
  2. カケガワファームブルーイング(ロゴ01)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は静岡県は掛川市の『Kakega…
  3. ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
ページ上部へ戻る