【東京】ふたこビール:「グロウ」を樽で飲んでみました~

ふたこビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、このブログで初登場となるブルワリーさんです。東京は世田谷区にある『Futako Beer(ふたこビール)』さんから「Glow(グロウ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。以前より存じ上げてたブルワリーさんですが、新醸造所も相まって今回は初飲みはヘイジーを選びました🍺✨。さて、どんな感じでしょうか😄

『Futako Beer(ふたこビール)』Glow(グロウ) 詳細

ビール名:Glow(グロウ)
ブルワリー名:Futako Beer(ふたこビール)
ビアスタイル:ヘイジーIPA
アルコール度数:6.0%
IBU:40
URL:Futako Beer(ふたこビール)
facebook:Futako Beer(ふたこビール)

こちらが「Glow(グロウ)」のビール画像になります。

ふたこビール(グロウ)_01

「Glow(グロウ)」飲み応えレビュー

見た目は、薄濁りで明るめな黄色寄りという感じ
香りは、柑橘っぽさの後にやや甘やかさも
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は舌中でやや残るかな。また求めてる甘さは微あり。そして明らかな柑橘ホップフレーバーのみが主張された印象で、ジューシーさはなく、ヘイジーではあるがヘイジーさは案外弱め。飲み後には甘さは微あり、温度上昇でホップの苦味は少しだけUP。ボディはライトで飲みやすくスッキリだが飲み応えは物足りず。至ってシンプルなヘイジーという感じで濃さはなく、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

立地的に合うシンプルなヘイジー!?

この「Glow(グロウ)」ですが、先ずはブルワリーさんの事を少々。先ず、Beer(ビール)なのか?ビール醸造所なのか?それともBrewey(ブルワリー)なのかわからず。勝手ながら今回は『Futako Beer(ふたこビール)』さんにて統一させて頂きますのでご了承下さいませ😅。そんなブルワリーさんは、東京は世田谷区にて2015年?頃にできたマイクロブルワリーさん。ヘッドブルワーさんの研修先はわからずですが、2021年に2つめの醸造所を造られたとの事でより醸造量がUPし缶リリースもされてる様ですね。因みにビアっぷるは、ビアランのビア仲間に“OEMでの醸造”とお聞きしていたので敢えて飲まずじまいでしたが、醸造の方も慣れてると踏んで敢えて定番ではなくヘイジーIPAを選びました✨。そのヘイジーは、ホップにギャラクシーとシトラの2種類を使用かな?。その他原材料には糖類等を使わず醸造された印象のヘイジーIPA。詳細が見つけきれず恐縮です。好みは人それぞれだがダブルやトリプルで濃いめなヘイジーを好むビアっぷるだが、今や濃さを感じるヘイジーが増えたこの世界。そんな中ではかなりシンプルでライトな印象のヘイジーだが、ビアっぷるが求めてるヘイジーの方向性と違うだけでクラフトビール初心者の方やヘイジーで濃ささを求めない方には変なクセもなっくとても飲みやすいと思えたたヘイジー🍺。そしてビアっぷる的に好感が持てたのは、“加糖された様な甘さ”や“ミルキーキャンディ”っぽさを感じなかったところ。場所的にもクラフトビール猛者よりライトなユーザーが多そうなだけに、地元の方に愛されそうな印象のブルワリーさん✨。またどこかでタイミングが合えば、今度は定番ビールを飲ませて頂きたいと思っているビアっぷるです😄

はい、という事で東京は世田谷区にある『Futako Beer(ふたこビール)』さんから「Glow(グロウ)」をご紹介しました。シンプルで飲みやすく柑橘さを感じるヘイジーIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ歴史は浅くとも、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”や“飲んでみないとわからない”を基本に、クラフトビールを飲ませて頂きマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビアスタイル(種類・味)がある事に興味を持てる様ご紹介できればと思っています。因みに自身の舌で感じた事を他人のレビューと比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る