静岡県御殿場市の『御殿場高原ビール』から定番の「ピルス」を樽で飲みました~

御殿場高原ビール(ロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、このブログで初登場となる静岡県は御殿場市にある老舗のブルワリーさん『御殿場高原ビール』さんから定番の「ピルス」を樽で飲みましたので紹介したいと思います。クラフトビールを飲み始めた頃は、同じ静岡で伊豆高原ビールさんと御殿場高原ビールさんがどっちがどっちでいつも困惑してたのを思い出しますが、今はもう大丈夫なビアっぷるです^^;

ビール名:ピルス
ブルワリー名:御殿場高原ビール
ビアスタイル:ピルスナー
アルコール度数:5.0%
IBU:???
URL:御殿場高原ビール
※定番ビールですが限定醸造カテゴリに入れます

コチラがその「ピルス」のビール画像です。

御殿場高原ビール(ピルス)

見た目は、クリアなで綺麗な黄金色ですね~
香りは、好みなボヘミアンスタイルの香りが爽やかですね。
飲み口は、ホップの苦味はかなり抑えめでしっかりボヘミアンスタイルの甘さも出ている。そしてスッキリで非常に飲みやすいのでビアっぷるは好みな方だがちょっと軽すぎるので飲み足りなくなる分もう少しビールが重い方が好みかな^^;

はい、この「ピルス」ですが御殿場高原ビールさんでは定番で有名なビールですね。1995年に開業しドイツからブラウマイスターを招いて醸造を教えてもらった老舗のブルワリーさん。ビールの種類は、
・ヴァイツェンボック(アルコール度数7.0%)
・シュヴァルツ(アルコール度数5.0%)
・ヴァイツェン(アルコール度数5.0%)
・御殿場コシヒカリラガー(アルコール度数??%)
・ピルス(アルコール度数5.0%)
・季節限定(限定醸造)

5種類の定番と期間限定醸造がある感じでそこまでビアスタイルを増やすわけでもなく、定番ビールを中心でそしてたまに限定醸造を…という感じですね。因みにビアっぷるの好みは『御殿場コシヒカリラガー』ですね。最近飲めてないが“厳選特A米”を原材料比17%以上も使ったという甘さもありながら深みがありながら、すっきりで飲みやすいというイメージ。ひたすらこればかりをジョッキで飲んでましたwww

その際に飲んだ場所ですが、前に比べ新しいレストランができたのかな?ビアっぷるは『時之栖(ときのすみか)』さんのレストランに何度かお伺いした事があります。目の前がフットサルコートでレストランが尋常じゃなく広い!と思いました。また平日に行ったのでお客さんもそこまで多くなく…という事もあったせいか、ホント広さに圧倒されたのを記憶にあるレストランでしたねwww
ゆっくりできるレストランでしたし、またタイミングが合えば今度はグランテーブルか麦畑の方へ行きたいですね~(´▽`)

はい、という事で今回は静岡県御殿場市にある『御殿場高原ビール』さんから定番の「ピルス」を紹介しました。久しぶりに御殿場高原ビールさんを飲みましたが定番をビールを持つブルワリーさんは地に足がついてる感じですね。良い意味で味が安定してますし、ビールバランスもしっかりされてます。改めて底力を感じるブルワリーさんでした。皆さんももし飲める機会があれば、是非飲んでみて下さいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビール情報やビアイベント情報、ブルワリー情報など紹介してます。もしご興味があれば是非他にも見て下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る