『MATSUMOTO BREWERY(松本ブルワリー)』から「Castle Stout(キャッスルスタウト) ~窒素ver.~」を樽で飲んでみました~

松本ブルワリー(ロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、初登場となりますが長野県は松本市にある『MATSUMOTO BREWERY(松本ブルワリー)』さんから「Castle Stout(キャッスルスタウト) ~窒素ver.~」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。念願の松本ブルワリーさんのビールですが、通常バージョンはまた次回どこかで飲むとして、今回は特別な窒素ver.という事なのでどんな感じか興味津々です(^^)

ビール名:Castle Stout(キャッスルスタウト) ~窒素ver.~
ビアスタイル:スタウト
ブルワリー:MATSUMOTO BREWERY(松本ブルワリー)
アルコール度数:6.5%
IBU:??
URL:MATSUMOTO BREWERY(松本ブルワリー)
facebook:MATSUMOTO BREWERY(松本ブルワリー)

こちらが、その「Castle Stout(キャッスルスタウト) ~窒素ver.~」のビール画像です。

松本ブルワリー(キャッスルスタウト)

見た目は、いかにもッテ感じで濃厚な黒色。
香りは、チョコレートを思わせるロースト香をしっかり感じます。
飲み口は、窒素を配合してるのも関わらずビール自体のコクも感じれてボディはどっしりとした感じ。口当たりは滑らかでローストの苦味が喉にまでかなり残るが、甘さはない。窒素のおかげかまろやかになっておりすいすい飲めてモルティさやビールバランスは良いと感じたのですが、喉奥に残る苦味からビアップルの好みではなかったかな^^;

はい、この「Castle Stout(キャッスルスタウト) ~窒素ver.~」ですが、漆黒の松本城に敬意を表して醸造されたビールとの事ですがホント綺麗な“黒”って感じです。また、水っぽいスタウトや軽めのスタウトが最近多い中でどっしりめのスタウトで驚きました。ヘッドブルワーの方はオラホビールさんで醸造経験をしてた方でこんな重めのスタウトを醸造されたのは意外。残念ながらまだ通常のスタウトを飲んだ事がない状態で窒素バージョンを飲むことになりましたが、アルコール度数6.5%であればいっその事“甘さ”が増すインペリアルスタウトを飲みたいと思うのはビアっぷるだけ?そして、窒素が入ってなかったら更に苦味が増してビアっぷるは苦手そうな味かも!?^^;

その流れから思いましたが、今回このスタウトを飲んで松本ブルワリーさんのビールはひょっとしたらビアっぷるには全体的に苦味が強めかもなぁ…こればかりは飲んでみないと何ともだが特にペールエール、IPAあたりはビアっぷるは苦手そうな予感。ある意味期待を裏切ってくれるといいのですが、それでも機会があれば是非飲んでみたいですね~(´∀`)

という事で今回は、長野県は松本市にある『MATSUMOTO BREWERY(松本ブルワリー)』さんから「Castle Stout(キャッスルスタウト) ~窒素ver.~」を紹介しました。窒素バージョンではなかなか飲めないと思いますが、通常バージョンであればどこかで飲めるはず。皆さんも機会があれば、是非飲んでみてくださいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビール(限定醸造)に、ビアイベント、ブルワリーの情報を紹介しております。もしご興味があれば是非そちらもみてください(^^)

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る