【静岡】マウントフジブリューイング:「柑子富士(こうじふじ)」を缶で飲んでみました~

Mt.Fuji Brewing(ロゴ2)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は富士宮市にある『Mt.Fuji Brewing(マウント フジ ブリューイング)』さんから「柑子富士(こうじふじ)」を缶で飲みましたでご紹介したいと思います。前回は『天維富士(てんいふじ)』でしたが、今回はプレゼントで頂いたIPA🍺。缶をリリースしてたのは知りませんでしたが、感じでしょうか😄

『Mt.Fuji Brewing(マウント フジ ブリューイング)』柑子富士(こうじふじ) 詳細

ビール名:柑子富士(こうじふじ)
ブルワリー名:Mt.Fuji Brewing(マウント フジ ブリューイング)
ビアスタイル:IPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:Mt.Fuji Brewing(マウント フジ ブリューイング)
facebook:Mt.Fuji Brewing(マウント フジ ブリューイング)

コチラがその「柑子富士(こうじふじ)」のビール画像です。

マウントフジブリューイング(柑子富士)_缶01
マウントフジブリューイング(柑子富士)_缶02

「柑子富士(こうじふじ)」飲み応えレビュー

見た目は、くすみのある濃い目なブラウン系
香りは、優しめでちょいクセのあるグラッシーさ
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性は喉と舌奥で残るかな。また求めてる甘さなし。そして独特でクセのあるフレーバー+グラッシーさと、独特なフルーツっぽさが後追い。飲み後には甘さが微あり、温度上昇で苦味はややUP。ボディはライトでやや飲み応えはあるが、独特なクセのあるホップさで飲み進まない。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

製造社はディーエイチシーさん

この「柑子富士(こうじふじ)」ですが、ホップは種類までわからないがアメリカンホップを5種類使用。その他原材料には、大麦や小麦麦芽にマスカット果汁を加え醸造されたIPAとの事。先ず、アメリカンホップ5種類使用との事だが…失礼な言葉ながら◯◯フレーバーとは違うが、弱めな◯豆の様で独特なクセ感がチラホラ見え隠れすのが気になって仕方ない。また、IPAにマスカット果汁!?という感じだが…大人気のビールを缶リリースされてるとの事で好む方も沢山いらっしゃるのだろうが、感じ方や好みは人それぞれでビアっぷるにはかなり際どいラインのビールでした😅。そんな中、製造がよもやのディーエイチシーさん表記でしたね💦。なるほど、今や流通を考慮するとボトルより缶にシフトするのは一目瞭然の時代。マウントフジさんも…という事だろうが、おそらく自社で大量の缶詰ができない為に外部へ依頼という流れ…ただ、“レシピは同じでも製造箇所ないし人が違えばビールの味は違い、同じ味を再現・醸造する事は極めて困難”と思っている。そのブルワリーさんの本来固定された場で醸造された味を求めているビアっぷるには、各々のブルワリーさんの“飲んでみたい求めてる味”とは違うのでファントム等も同様だが飲む事が極めて減ったのは事実。コレは決して良い悪いではなく、あくまでもビアっぷるの勝手な考えですので悪しからずです😅。ただ、もし自社で醸造されたマウントフジさんの“柑子富士(こうじふじ)”を樽(ドラフト)ないし缶で飲めるなら是非飲ませて頂きたいと思うビアっぷるでした。

はい、という事で今回は、静岡県富士宮市にある『Mt.Fuji Brewing(マウント フジ ブリューイング)』さんから「柑子富士(こうじふじ)」をご紹介しました。あまり得意ではない独特なクセさを感じたIPA🍺。感じ方は人それぞれだけに、皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外ビールに比べ日本のクラフトビール歴史は浅いが国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。性格的に醸造には丸っきり興味はないが、“好みは人それぞれ・人の舌は十人十色”を基本に飲み手として独自の感想(レビュー)を書かせて頂いてます。1人でも多くの方が国内のクラフトビールも海外と負けてないんだ、そして色々なビアスタイル(種類・味わい)がある事に興味を持って頂ける様ご紹介できればと思っています。長きに渡り毎日欠かさず投稿していますので、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


ピックアップ記事

  1. ウエストコーストブルーイング(ロゴ)_05new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県は静岡市にある『West C…
  2. デビルクラフトブルワリー(ロゴ)_03new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は東京は品川区にある『Devil…
  3. 反射炉ビヤ(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ…
ページ上部へ戻る