【石川】ブルークラシック:「サンセット&ウルフ」を樽で飲んでみました~

ブルークラシック(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、石川県は金沢市にある『Brew Classic(ブルークラシック)』さんより「Sunset&wolf(サンセット&ウルフ)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『Tonikaku Citra Dive(トニカクシトラダイブ)』のヘイジーIPAでしたが、今回はヴァイツェンボックで気になり飲ませて頂く事に。さて、どんな感じでしょうか😄

ブルークラシック(サンセット&ウルフ)_イメージ01

『Brew Classic(ブルークラシック)』Sunset&wolf(サンセット&ウルフ) 詳細

ビール名:Sunset&wolf(サンセット&ウルフ)
ブルワリー名:Brew Classic(ブルークラシック)
ビアスタイル:ヴァイツェンボック
アルコール度数:8.0%
IBU:???
URL:Brew Classic(ブルークラシック)
facebook:Brew Classic(ブルークラシック)

それでは「Sunset&wolf(サンセット&ウルフ)」のビール画像はコチラです。

ブルークラシック(サンセット&ウルフ)_01

「Sunset&wolf(サンセット&ウルフ)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのあるオレンジ寄りなカラメル色という感じでしょうか
香りは、フルーティーなバナナ香がしっかりで期待度MAX
飲み口は、ホップの苦味はややあり持続性は喉奥で優しく残る感じかな。また求めてる甘さもあり。そしてフルーティーなバナナ香が引き立ちつつモルトの深みが後押し。何故か軽く感じるのにこの奥深さと飲み応えも感じれ好印象。アルコール感はやや気になるが、飲み後には甘さ+ホップのホロ苦さもありアルコール度数8.0%を思わせない飲みやすさ。ボディはミディアム寄りもライトな感じでコクや深み、そして甘みからもビアっぷるのかなり好みな方のビールでした✨

ヴァイツェンボックの奥深さとコクが…

この「Sunset&wolf(サンセット&ウルフ)」ですが、ホップはナゲットとザーツの2種類。モルトはピルスナー、ウィート、クリスタル、チョコレートモルト。そして独自のYS-12酵母を使い醸造されたヴァイツェンボックですね。アロマとフレーバーに、バナナ香の強すぎず弱すぎない余韻まで続く絶妙さ+フルーティー感がしっかり感じれる。そして表現が凄く難しいが、ミディアムでもライトに感じながら“深み+コク”を感じれる程スイスイ飲めてしまう正に危険な8.0%ビール🍺。反面、感じ方は人それぞれも気になったのが2点。ビアっぷるが好むホップのザーツ感が感じれなかった事、そしてちょいふわっとくるアルコール感。特に後者が少しでも控えめになれば更に飲みやすさがUP+より全体的にバランスが良さが引き立つと思えたかな。ええ、結局好みだったし我儘なだけで、造れないのに余計なお世話ですけど😅。何せビアっぷるの中でヴァイツェンボックと言えば『門司港レトロビール』さん✨。久しぶりに門司港さんに近いヒット的なヴァイツェンボックに巡り会えたし、ヴァイツェンボック好きの方にも1度飲んでみて欲しいと思えたビール🍺。ふと思ったが…ひょっとしたらビアっぷるが好むどっしりボディのバナナ香炸裂ヴァイツェンを醸造されてる!?。醸造されてるかはわからないが、ソチラももし飲める機会があれば是非飲ませて頂きたいと思ったビアっぷるでした😁

はい、という事で今回は石川県は金沢市にある『Brew Classic(ブルークラシック)』さんより、「Sunset&wolf(サンセット&ウルフ)」を紹介しました。バナナ香炸裂で飲み応えもありながら飲みやすいヴァイツェンボック🍺✨。皆さんも機会あれば飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを中心に応援して約10年。“人の舌は十人十色”という事、そしてまだまだ“嗜好品”という事を基本にクラフトビールを飲んだ後はマニアックな内容や独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を興味が持てる様にご紹介したいと思っています。因みに自身の舌で感じた事を比べてみるのも面白さと思っています。この様なブログですが、良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る