【北海道】忽布古丹醸造:「危険地帯」を樽で飲んでみました~

忽布古丹醸造(ロゴ01)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、北海道は富良野にある『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さんから
危険地帯」を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。ハイアルコールなだけに“求めてる甘さ”が出てると有り難いと思うのですが…こればかりは飲んでみないとわからない。という事で、飲んでみました~(^_^;)

忽布古丹醸造(危険地帯)_イメージ01

『忽布古丹醸造(ホップコタン)』危険地帯 詳細

ビール名:危険地帯
ブルワリー名:忽布古丹醸造(ホップコタン)
ビアタイル:インペリアルセゾン
アルコール度数:10.0%
IBU:38
URL:忽布古丹醸造(ホップコタン)
facebook:忽布古丹醸造(ホップコタン)

コチラが「危険地帯」のビール画像です。

忽布古丹醸造(危険地帯)_01

危険地帯」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーな黄金色。
香りは、フルーティーさと柑橘系が控えめな感じかな。
飲み口は、ホップの苦味はそこまで感じないかな。またアルコール度数10.0%のおかげか甘さを微かにだが感じれるが、セゾン感は酸味がかなり控えめでアルコール感そのままな感じの強いビールという感じはともかく、ホップからか?グラッシーさが前面に感じられるのがかなり厳しい。ボディはライトでドライ。残念ながらグラッシーさが強調され過ぎて好みではありませんでした^^;

グラッシーさを敢えて出されたビール

この「危険地帯」ですが、ホップコタンさんにて初醸造のインペリアルセゾンとの事。使用されたホップは…残念ながらわかりませんでした。またビールコメントには『シトラスでグラッシーなフレーバー』との事で、ビアっぷるも納得。これは意図してグラッシーさを出されたビールで、それであればブルワリーさんとしては目的に沿ったビールが醸造されたという事。ただ、そのフレーバーによりアルコール感がカモフラージュされてるとの事だが、ビアっぷるにはアルコール感がかなり際立ってた印象。またセゾン感は酸味もそこまで感じれずかなり控えめ。結果的にアルコールとグラッシーさが強調されたビールという印象でした。
好みなソラチエースを使った『空知ピルスナー』の様なグラッシーさなら好みではあるが、グラッシーさにも色々あるだけに何ともですがビアっぷるが苦手なグラッシーさでした。

好みだったあのビール2020ver.は出ないかな…?

ここからは特に好みになり申し訳ないが、ホップコタンさんからなかなか好みなビールが出てこないビアっぷる。やはり過去一番好みはズバ抜けて『清洒(せいしゃ)』。昨年の4月に飲んだピルスナーですが、求めてる甘さもしっかり出てる凄く好みなビールでしたね。どうもホップ系のビールを多く感じるイメージですが、『清洒(せいしゃ)2020』とか出てくれば…即パイントで飲みたい。ブルワリーさんにより“色”が出てくるのだが、今後新たに好みなビールに巡り会えるといいなぁ~思うビアっぷるでした( ´∀`)

はい、という事で今回は、北海道は富良野にある『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さんから「危険地帯」をご紹介しました。グラッシーさが好みな方には合うと思います。機会があれば是非飲んでみてくださいね! 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事でクラフトビールを飲んだ後は、独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介しています。よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. Marca Brewing(ロゴ)_01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、大阪は北堀江にある『Marca B…
  2. 南横浜ビール研究所(ロゴ)_01new
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 はい、今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビ…
  3. 南信州ビール_ロゴ01NEW
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、長野県は上伊那郡にある『南信州ビー…
ページ上部へ戻る