【静岡】ウエストコーストブルーイング:「The Scavenger(ザ・スカヴェンジャー)」を樽で飲みました~

ウエストコーストブルーイング(ロゴ1)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんの、「The Scavenger(ザ・スカヴェンジャー)」を樽で飲みましたでご紹介したいと思います。前回の『フルホップアルケミスト X』の際に、初のゴーゼを仕込まれ新リリースされたのが気になる!とお伝えしていましたが、樽で飲める環境でしたので迷いもなくパイントで飲みましたwww。

West Coast Brewing(Newイメージ)01

『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』The Scavenger(ザ・スカヴェンジャー) 詳細

ビール名:The Scavenger(ザ・スカヴェンジャー)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)
ビアスタイル:Citrus Gose
アルコール度数:5.5%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)

コチラが「The Scavenger(ザ・スカヴェンジャー)」の画像です。

ウエストコーストブルーイング(ザ・スカベンジャー)_01

The Scavenger(ザ・スカヴェンジャー)」飲み応えレビュー

見た目は、薄濁りの黄色という感じですね。
香りは、やや柑橘系な感じが出てるが爽やかさもあります。
飲み口は、ホップの苦味はほとんどないし、求めてる甘さもないかな。ただ、一口目に酸味が強めに出てるのを感じたが、バランスが取られた強めの爽やかな柑橘系が後から押し寄せ酸味を徐々に和らげてくれるのが印象的。そして意外にも後味にほのかな甘味を感じるたのは密かな好むポイントでした。ボディはライトで飲みやすく、パイントでもスイスイ飲めました。温度が上がってより酸味がより際立ったがビールが締まった感じでゴーゼが苦手なビアっぷるですが、意外にも好みな方のゴーゼでした^^

缶と樽で塩分の違いも!?…

この「The Scavenger(ザ・スカヴェンジャー)」ですが、今回はホップの記載はありませんが、清水市の日向夏、そしてグレープフルーツや海塩を使ったビアスタイルはゴーゼですね。日向夏やグレープフルーツを使ってながらもエグみがないのが凄く良かったですし、酸味の強さを柑橘の味で和らげてくれたと感じたのですが、気になる“海塩”が思ったほど感じれなかったな。先日有り難い事にビアナビへコメントを頂けた方によると、『缶の方では塩っぱかった』との事で、WCBさんのコメントでも“塩っぱいゴクゴク系”とありますが、意外にもそこまでじゃなかったな…あ、ひょっとしたら強めの塩分(特にゲランド)を好むビアっぷるだけに気付かないレベルだったかも!?www。原因はわかりませんが、塩分よりは酸味感を強く感じたビアっぷるでした。しかしWCBさんで初のゴーゼを醸造されたとの事でもこの高いレベルですからね…国内外のゴーゼを過去いくつも飲んだビアっぷるだが、“酸味”、“柑橘”、“最後のほのかな甘味”のバランスから間違いなく今までの中で1番好みなゴーゼ。あ、決してWCBさんを持ち上げてるのではなく冷静にビアっぷるの舌で判断しての感想ですのでご了承下さいませ。

恒例の『WEBフライヤー』は…

そして、今回は新リリースとの事でビアっぷるが毎度期待していたWEBフライヤーはコレ、

ウエストコーストブルーイング(ザ・スカヴェンジャー)_イメージ01

ほうほう、なるほどって…WCBさんのビールコメントでは『隣町の清水から、朝採れでもぎたてフレッシュな日向夏を盗み用宗に持ち帰ったScavenger
との事で、まさかの買ったや貰ったではなく盗んできたんですね!。で、持ってる棒は…あ、これきっと◯意棒みたいに伸びてこれで上の方の日向夏を突っついて良いやつだけを選定して落としてきたのかぁ、なるほど。ただですね…欲が出過ぎたか盗みすぎて戻る最中にいくつか日向夏を落っことしてるのがウケましたが何事も程々にですね。バックのグレー感と大小の渦巻がよりホップさんを引き立ててくれてる感じで、今回も好みなフライヤーでした( ´∀`)

はい、という事で今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブルーイング)』さんの、「The Scavenger(ザ・スカヴェンジャー)」をご紹介しました。皆さんは海塩に対してどんな印象を持たれるでしょうか?機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

追記:開栓数日後に再飲し、味に大きな変化を感じた為『ザ・スカヴェンジャー Part2』も新たに公開しております。もし宜しければ見て下さいませ( ´∀`)

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る