『忽布古丹醸造(ホップコタン)』から「清洒(せいしゃ)」を樽で飲んでみました~

忽布古丹醸造(ロゴ01)_NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、北海道は富良野にある『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さんから「清洒(せいしゃ)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。はい、よく見て下さい、“清酒(せいしゅ)”ではなく“清洒(せいしゃ)”と酒の感じの右下の横棒がない方です。意味は『 清らかで、さっぱりしているさま。余分なものが無く、すっきりしているさま。』との事ですが…ええ、注文の時に恥ずかしいかな『清酒(せいしゅ)のMサイズ!』と言い切ってお願いしたのは紛れもないビアっぷるですwww。ビアスタイルがピルスナーという事でどんな感じか気になるところです(´∀`)

『忽布古丹醸造(ホップコタン)』清洒(せいしゃ) 詳細

ビール名:清洒(せいしゃ)
ブルワリー名:忽布古丹醸造(ホップコタン)
ビアタイル:ピルスナー
アルコール度数:5.5%
IBU:24
URL:忽布古丹醸造(ホップコタン)
facebook:忽布古丹醸造(ホップコタン)

こちらが「清洒(せいしゃ)」のビール画像です。

忽布古丹醸造(清洒(せいしゃ))1

「清洒(せいしゃ)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアで綺麗な黄金色。
香りは、ホップを感じながら甘さを感じる心地よい香り。
飲み口は、美味しい!!ビアっぷるが求める“甘さ”もありながら、苦味も抑えめながら程よく余韻に残る感じ。麦の感じも奥深くから感じ鼻から抜ける感じも格別で凄く好み。ボディはややミディアム寄りのライトな感じで飲みやすい。上富良野産のホップではなさそうだし、モザイクホップもいないし何のホップか?と悩みながら飲んだが、ビアっぷるにはかなり好みのビールでした(´∀`)

はい、この「清洒(せいしゃ)」ですが、どうしてもホップを知りたいと思い公式サイトを拝見すると、『昨年9月に発売されたDeep Emotion Pilsnerのアレンジバージョン』との事ですがビアっぷるは飲んでない(^_^;)
という事で調べると…やられた感満載でしたが、ビアっぷるの好きなSaaz Specialを使用との事。そして、Deep Emotion Pilsnerよりボディとアルコールを少しアップとの事でビアっぷる的にビールバランスといいホントに素晴らしいビールとなってくれました。どうりでビアっぷるの舌が好みと思うわけだ。ビアっぷるが思う、ザーツを使ったピルスナーの特徴がしっかり伝わりますし、この“甘さ”を出せるのがクラウドファンディングで集めた金額といい、ホップコタンさんが素晴らしいと思われる由縁だろうな。

好み過ぎてパイントでも飲みましたwww

という事で、このビールの良さは伝わったでしょうか?…文字だけでは伝わりにくい部分もあると思うので、わかりやすく言うと…

忽布古丹醸造(清洒(せいしゃ))2

ほいほい、これでどうですか!?。2杯目はパイントで注文!それだけ美味しいという事が伝わるはずですよねwww。最近は富良野産のホップに拘らずこうやって様々なホップを使ってくれるのは嬉しい事。ビアっぷるが超好みだと思えるレベルの高いピルスナーで、是非“定番ビール”にして欲しいですね!次回まだ繋がってたらもう1度パイントで飲みます(´∀`)

はい、という事で今回は北海道は富良野にある『忽布古丹醸造(ホップコタン)』さんから「清洒(せいしゃ)」を紹介しました。ピルスナー好きとしては是非1度飲んでもらいたいビールです。皆さんも機会があれば、是非飲んでみてくださいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る