【奈良】長龍クラフトビール:「IPA」を樽で飲んでみました~

長龍クラフトビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、このブログで初登場のブルワリーさんですね。奈良県は北葛城郡にある『CHORYO Craft Beer(長龍クラフトビール)』さんより、「IPA(アイピーエー)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『FRUITS SOUR(みかん)』を飲ませて頂きましたが、今回はビアっぷるが苦手なIPAですが、どんなビールも“飲んでみないとわからない”ですからね。さて、どんな感じでしょうか😅

『CHORYO Craft Beer(長龍クラフトビール)』IPA(アイピーエー) 詳細

ビール名:IPA(アイピーエー)
ブルワリー:CHORYO Craft Beer(長龍クラフトビール)
ビアスタイル:West Coast IPA
アルコール度数:6.0%
IBU:???
URL:CHORYO Craft Beer(長龍クラフトビール)
facebook:CHORYO Craft Beer(長龍クラフトビール)

こちらが「IPA(アイピーエー)」のビール画像になります。

長龍クラフトビール(IPA(WCIPA))_01

「IPA(アイピーエー)」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーめな黄金色という感じでしょうか
香りは、柑橘さのある華やかなホップ感
飲み口は、ホップの苦味は控えめと思いきや温度が上がり苦味が強く、持続性も舌奥や喉奥で残るかな。また求めてる甘さは微あり。そして柑橘ホップ感から控えめな松っぽさ?の様な感じのホップフレーバー。苦手なWCIPA感がかなり控えめなのは有り難く飲みやすいのは感じたが、かなりドライ。飲み後にはやや甘さを感じるもホップの苦味でサッとかき消される。ボディはライトで飲み応えはある方だが残念ながら好みではありませんでした💦

IPA思いきや、WCIPA!?

この「IPA(アイピーエー)」ですが、前回同様でホップの記載がなく種類まではわからず。またその他原材料も記載がないですね。またビール名は“IPA”という事ですが、表記のビアスタイルは

長龍クラフトビール(IPA(WCIPA))_ビアスタイルイメージ01

ウエストコーストIPAと表記がされています。スタイル的には苦手なビアっぷるですが、意外にもそこまで嫌さはなかった😅。本場の味を求めてる方にしたら物足りないかもですが、ウエストコーストIPAでIBU47ながらそこまで苦手さもなく、松っぽさもかなり控えめで苦手なビアっぷるとしては飲みやすい方。因みにこれ3月中旬頃に飲ませて頂いたのですが…どうやら公式サイトにて新たな『IPA』が発売されておりました。

長龍クラフトビール(IPA(IPA))_イメージ01

コチラはビール名がIPAでビアスタイルもIPAですね。アルコール度数6.0%でモザイク、モトゥエカ、シムコーにシトラ、そして初めて知る“Pahto”というホップを使われております。ビアっぷるが飲ませて頂いたのとは違うものです。ビアっぷるは樽(ドラフト)で飲ませて頂いたので缶の色が何色だったかもわからなく大変恐縮ですが、同じIPAでも違うビール🍺でしたのでお間違いのないようにお願いしますね😅。

はい、という事で今回は、『CHORYO Craft Beer(長龍クラフトビール)』さんより「IPA(アイピーエー)」をご紹介しました。松っぽさがかなり控えで飲みやすいWCIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る