【神奈川】パシフィックブリューイング:「キューリアス」を樽で飲んでみました~

パシフィックブリューイング(パーミット)_ロゴ01

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は茅ヶ崎市にある『Passific Brewing(パシフィックブリューイング)』さんから「Curious(キューリアス)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回は『groovy(グルービー) 2022/ver.2』のヘイジーIPAのでしたが、今回はサワーエールとは言え…ハバネロ+ハラペーニョ!?。さて、どんな感じでしょうか😅 

パシフィックブリューイング(キューリアス)_イメージ01

『Passific Brewing(パシフィックブリューイング)』Curious(キューリアス) 詳細

ビール名:Curious(キューリアス)
ブルワリー名:Passific Brewing(パシフィックブリューイング)
ビアスタイル:サワーエール
アルコール度数:4.5%
IBU:???
facebook:Passific Brewing(パシフィックブリューイング)

コチラがその「Curious(キューリアス)」のビール画像です。

パシフィックブリューイング(キューリアス)_01

Curious(キューリアス)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのあるオレンジ黄色という感じかな
香りは、スパイシーさ炸裂も刺激は良い意味で弱め
飲み口は、ホップの苦味は全くと言って良い程感じれず、スパイシーな辛味が持続して残る。また求めてる甘さはない。そして青さが出てる印象のフレーバーと、キュっとした酸味と思った矢先ハバネロ・ハラペーニョコンビが後追い。コレが意外に癖になる絶妙な辛味。飲み後には甘さがなく、ピリピリというよりジワ~ジワ~の辛味と共に発汗作用もあり。ボディはミディアム寄りのライトで飲み応えもしっかり。好みには至らずも、新鮮さを感じたビールでした✨

斬新且つ新鮮で好印象

この「Curious(キューリアス)」ですが、ホップは相変わらず記載なし。その他原材料にはきゅうり、ハラペーニョにハバネロを使用し醸造されたサワーエールとの事。その原材料のきゅうりは、味より“青さ”が残った印象。また、ハラペーニョとハバネロの後を引くジワ~ジワ~な絶妙スパイシー感+酸味=発汗作用へ。ええ、例えが微妙も良い意味で…『青さのある新感覚トムヤムクン!?』とまで思ったがコレが意外にクセになる1杯🍺✨。ふと思ったが、これこそ志賀高原さんの2019年に飲ませて頂き、今はリリースされなくなった?『1t IPA Habanero』の際にアシスタントとして経験された事が少しは活かされてるのかも!?。それと、今までパシフィックさんのビールを飲ませて頂いた中で斬新且つ新鮮で好印象と一番記憶に残るビールだが『一番最後に飲む+パイントではなくMサイズが理想』かも!?😅。またこの様な変化球的なビールは味やバランス的に表裏一体な印象も拭えないが、醸造技術を更にUPすべく今後も変化球ビールを醸造される事を勝手ながら願っているビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、神奈川県は茅ヶ崎市にある『Passific Brewing(パシフィックブリューイング)』さんから「Curious(キューリアス)」をご紹介しました。“青さ感じるトムヤムクン!?”と感じるでしょうか?😁。皆さんも機会があれば是非飲んで見て下さいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る