【大阪】キックスビール:「ヴァイツェン」をボトルで飲んでみました~

キックスビール(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、このブログで初登場となります。大阪府は泉佐野市にある『KIX BEER(キックスビール)』さんより「Weizen(ヴァイツェン)」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。えっと、ビア仲間のプレゼントで知ったブルワリーさんで初飲みのビアっぷる。ビアスタイルはそのままヴァイツェンという事ですが、どんな感じでしょうか😄

キックスビール(ヴァイツェン)_イメージ01

『KIX BEER(キックスビール)』Weizen(ヴァイツェン) 詳細

ビール名:Weizen(ヴァイツェン)
ブルワリー名:Izumisano Brewing(泉佐野ブルーイング)
ビアスタイル:ヴァイツェン
アルコール度数:5.0%
IBU:???
URL:KIX BEER(キックスビール)
facebook:KIX BEER(キックスビール)

それでは「Weizen(ヴァイツェン)」のビール画像はコチラです。

キックスビール(ヴァイツェン/2022)_ボトル01
キックスビール(ヴァイツェン/2022)_ボトル02

「Weizen(ヴァイツェン)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある濃い山吹色という感じでしょうか
香りは、酸味とかなり控えめなバナナ香
飲み口は、ホップの苦味はかなり控えめで、持続性もそこまでないかな。また求めてる甘さはない。そしてバナナ香を感じるが…全体的に薄くやや酸味が残り欲しい甘さはない。ボディはライトでスッキリな感じだが、何由来か?舌でピリピリ残るのは気になる。飲み応えも物足りず、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

シンプルでライトなヴァイツェン

この「Weizen(ヴァイツェン)」ですが、と言いたいところですが最初に…KIX BEER(キックスビール)さんのビールはIzumisano Brewing(泉佐野ブルーイング)』さんにて醸造されてるビール。開業は2020年で、京都が本社の人材コンサルタント業等を営んでる企業様が母体の様ですね。で、勝手ながらブルワリー名が2つに思え、今後は“キックス”さんの方で統一させて頂きます。そしてビールの方、ホップは詳細の記載がなくその他原材料は特に変わったものはなくシンプルに醸造されたヴァイツェンという事ですね。ライトでスッキリなヴァイツェンで軽いヴァイツェンを好む方には飲みやすいビールだと思います。ただ、ビアっぷるが好むヴァイツェンが“濃くバナナ香が強い甘め。最近では好みは人それぞれも、アイランドブルワリーさんの『BANANA WEIZEN(バナナヴァイツェン)』が今回のビールとは相反してボディがミディアムの濃いめなヴァイツェン✨。今や濃いバナナ香全開で甘さのあるヴァイツェンは極めて飲めないのが現状ですが、これも流行りでしょうから仕方ないですね😅。あ、1つ気になるのが…他の醸造されたビールを見ても限定醸造ではなく“王道系のビアスタイル”が多い。これだけ流行ってるヘイジーIPAがないのは残念だが…ビアっぷる的に“ヴァイツェンボック”は気になる。コレは機会があればボトルではなく、樽(ドラフト)で飲んでみたいと思ってるビアっぷるでした😄

はい、という事で今回は、大阪府は泉佐野市にある『KIX BEER(キックスビール)』さんより「Weizen(ヴァイツェン)」をご紹介しました。軽めでシンプルなヴァイツェン。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る