【神奈川】南横浜ビール研究所:「トラピスト」を樽で飲んでみました~

南横浜ビール研究所(ロゴ)_01new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビール研究所』さんから、「TRAPPIST(トラピスト)/1.1ver.」を樽で飲みましたので紹介したいと思います。前回の『TRAPPIST(トラピスト)』がかなり好みでしたが今回はその新ばっちになりますね。勝手ながら凄く期待してますが、果たして!?( ´∀`)

『南横浜ビール研究所』TRAPPIST(トラピスト)/1.1ver. 詳細

ビール名:TRAPPIST(トラピスト)/1.1ver.
ブルワリー名:南横浜ビール研究所
ビアスタイル:トラピスト
アルコール度数:8.1%
IBU:23.3
URL:南横浜ビール研究所
facebook:南横浜ビール研究所

コチラがその「TRAPPIST(トラピスト)/1.1ver.」のビール画像です。

南横浜ビール研究所(トラピスト/1.1ver)_01

TRAPPIST(トラピスト)/1.1ver.」飲み応えレビュー

見た目は、クリアーな琥珀色で綺麗な色味が出てますね。
香りは、スパイシーさが立ってる感じでちょい強め
飲み口は、ホップの苦味はややありながら持続性もありで喉に残る。また、求めてる甘さはないかな。ややエグみの様な感じが気になるのと言葉は悪いがセメダイン(接着剤)の様な!?フレーバーと、アルコールの香りとスパイシーな香りが強く飲み進めにくいビールだった。ボディはライトでも相変わらず飲み応えはあるのだが、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

ヴァージョンアップをされた1.1ver…

この「TRAPPIST(トラピスト)/1.1ver.」ですが、ホップは前回が『エキノックス、シムコー、サブロ、ネルソンソーヴィン』でしたが今回はCRYOシムコーとネルソンソーヴィンの2種の様ですね。えっとfacebookには、『ホップの渋みをさらに抑え、モルティでフルーティなのにスルスル飲めてしまいます。華麗で品が良くて、なめらか。』という事で、前回からヴァージョンアップされたという事ですが人の舌は十人十色が前提も…結論から言うとビアっぷるは“前回”の方が断然好みだったなwww。

前回との違いは!?

前回とのビアっぷるが感じた違いは、
・スパイシーさが予想い上に強く出ており前回あった優しいフルーティーさがほとんどなくなっていた。
・アルコールが8.0→8.1%と僅か0.1%しか上がってないのにアルコールっぽいフレーバーを強く感じた。
・ビアっぷるが一番求めている甘さもなくなっていた。

と、勝手ながらこんな感じでしょうか。きっと南横浜さんとしてはヴァージョンアップを見込んで試行錯誤して頂いたビールでしょうが、人の舌は十人十色は前提ですがビアっぷるには無念のヴァージョンダウンと感じてしまいました^^;

クラフトビールってホント難しいですね、でもあのビール変態さん(褒め言葉ですwww)が試行錯誤された2バッチ目のリリースですし、ビアっぷるは苦手でしたが、人の舌は十人十色で好まれる方もたくさんいると思います。まぁ、正解がない世界ですしそこがクラフトビールの面白いところでもありますからね。ただブルワリーさんはビールで見返すしかないと思いますので、ファーストバッチファンとしては3バッチ目がどう出てくるか楽しみ&期待しています( ´∀`)。

はい、という事で今回は神奈川県横浜市にある『南横浜ビール研究所』さんから、「TRAPPIST(トラピスト)/1.1ver.」をご紹介しました。だいぶ変わった印象を受けましたが、皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る