【静岡】反射炉ビヤ:「とれたてGreen Tea Ale」を樽で飲んでみました~

反射炉ビヤ(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ(はんしゃろびや)』さんから「とれたてGreen Tea Ale」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回の『ド根性IPA』は後日再度パイントを飲んだ程好みでしたが、今回は反射炉さんならではで、ビアっぷるは響きが凄く好きな“新茶”を使った🍺です。楽しみ😄

反射炉ビヤ(とれたてGreen Tea Ale)_イメージ01

『反射炉ビヤ(はんしゃろびや)』とれたてGreen Tea Ale 詳細

ビール名:とれたてGreen Tea Ale
ブルワリー:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)
ビアスタイル:ジャパニーズティーエール
アルコール度数:5.0%
IBU:???
URL:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)
facebook:反射炉ビヤ(はんしゃろびや)

こちらがその「とれたてGreen Tea Ale」のビール画像です。

反射炉ビヤ(とれたてGreen Tea Ale)_01

とれたてGreen Tea Ale」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある上部オレンジ系で下部ブラウン系という感じ
香りは、想定よりお茶感はかなり控えめかな…
飲み口は、ホップの苦味はかなり控えめで持続性もないかな。また求めてる甘さはない。そしてホップフレーバーがイマイチ嗅ぎ分けきれなかったが、ほうじ茶と緑茶の間の子っぽい?味とフレーバーの方が立った印象もかなり控えめ。飲み後には渋み等はなく、お茶の風味も控えめに優しく続くかな。ビール自体薄くはないがホップ感も含め全体的には弱めに感じた。ボディはミディアム寄りのライトで、気になったのは意外にも5.0%ながら不思議とアルコール感を強めに感じところ。残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

自社製造だからこそのビール!

この「とれたてGreen Tea Ale」ですが『新茶を楽しめるビール』を醸造される事が前提との事。ホップはハラタウブランの1種のみ!?の様で、原材料には、『韮山反射炉茶の庵』さんが製造販売する“煎茶”を使い醸造されたジャパニーズティーエール。毎度思うが、お茶に関してそこまで詳しくないビアっぷるも、これぞ自社製造だからこそフレッシュな茶葉を使えるのは正に特権!。新たな事も含めお茶系の🍺は機会があれば是非飲んでいきたいですね~✨。さて、今回の🍺ですがビールコメントに『やぶきた種のミル芽(若く柔らかい芽)を惜しみなく使用』との事で、初めて聞いた芽🌱。残念ながら元の香りがわからないだけにこの芽の良さがわからなかったのは残念だが、全体的にお茶が優しく上品と言いたいところだが、ボヤ~っとした印象を受けた。ボディ感がもう少しあるとまた違った味わいになりそうだが、様々なお茶の🍺を使い醸造されてるブルワリーさんですからこの位がベストな状態で醸造されてるのかもしれない。って、醸造できないビアっぷるが言う事ではありませんけどね💧。過去の最初に醸造された『お茶屋さんのほうじ茶エール』がやはり未だに好きだが、基本お茶系🍺を好むビアっぷる。今回はお茶感がもっと欲しいなと感じた一杯でした😅

はい、という事で今回は静岡県伊豆の国市にある『反射炉ビヤ(はんしゃろびや)』さんから、「とれたてGreen Tea Ale」をご紹介しました。優しいお茶感を求めてる方には良いかもですね。皆さんも興味があれば是非飲んでみてくださいね~ 

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る