【神奈川】ヒューマンズビア:「アマゾニア#2」を樽で飲みました~

ヒューマンズビア(ロゴ)_02new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は足柄上郡にある『Humans BEER(ヒューマンズビア)』さんから「AMAZONIA #2(アマゾニア)」を樽(ドラフト)で飲みましたでご紹介したいと思います。前回は『SWEET SUMMER(スイートサマー)』でしたが、今回は約半年位か?少し期間を空けましたが久しぶりのヘイジーIPA✨🍺。さて、どんな感じでしょうか😄

ヒューマンズビア(アマゾニア #2)_イメージ01

『Humans BEER(ヒューマンズビア)』AMAZONIA #2(アマゾニア) 詳細

ビール名:AMAZONIA #2(アマゾニア)
ブルワリー名:Humans BEER(ヒューマンズビア)
ビアスタイル:TDHヘイジーIPA
アルコール度数:6.5%
IBU:40
URL:Humans BEER(ヒューマンズビア)
facebook:Humans BEER(ヒューマンズビア)

コチラがその「AMAZONIA #2(アマゾニア)」のビール画像です。

ヒューマンズビア(アマゾニア #2)_01

「AMAZONIA #2(アマゾニア)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある明るめでオレンジ寄りなブラウンという感じでしょうか
香りは、不思議と海藻っぽい感じがするのは気の所為か?
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性は舌奥で微残るかな。また求めてる甘さはない。そしてややグラッシーさよりダンクさかな?そして柑橘なオレンジっぽさを感じるフレーバー、ジューシーさはなく口当たり滑らかさはあるが少し粉っぽい感じも。飲み後には甘さがなく、苦味は温度上昇も変わらず控えめ。ボディはミディアムで飲み応えもあるが、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

ラベルが凄く好みで可愛らしい✨

この「AMAZONIA #2(アマゾニア)」ですが、ホップはコロンバスとクライオのシトラ、そしてハラタウブランの3種類。その他原材料には、オーツ麦やアイリッシュモスを使い醸造されたトリプルドライホップヘイジーIPAですね。因みにトリプルドライホップまでされたヘイジーIPAだが、ヒューマンズさんのビールは過去アルコール度数7.5%までしか飲ませてもらった事がない。余計なお世話だが過去8.0%以上のビールはリリースされてるのかな?。というのも、先日この0.5%差の壁をブラックタイドさんの『Super Active Sonar(スーパーアクティブソナー) #158』でもお伝えしたが、“見えない壁”は意外に好みは人それぞれだが効果絶大かも!?。是非機会があればヒューマンズさんのハイアル8.0%超えヘイジー飲んでみたいし、ビアスタイルは変わるがかなり好みな『』の濃いver.がリリースされたら絶対飲んでみたいビアっぷるです😍。あ、話は少しだけ変わり…今回のラベルが可愛らしく凄く好み😁。ラベルも売る為の1つの重要な要素ですが、大蛇とお化けの絶妙な表情(ちょい怖さ+可愛らしさ)がGOOD。更にこの絶妙な色合いのカラフル感がたまらず、ラベルを見たら思わず手を出しちゃいそうなデザインと思っているビアっぷるでした✨

はい、という事で今回は、神奈川県は足柄上郡にある『Humans BEER(ヒューマンズビア)』さんから「AMAZONIA #2(アマゾニア)」をご紹介しました。トリプルドライホップされたヘイジーIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る