【神奈川】ヒューマンズビア:「バナンゴーヴァイツェン」を樽で飲みました~

ヒューマンズビア(ロゴ)_02new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は足柄上郡にある『Humans BEER(ヒューマンズビア)』さんから「BANANGO WEIZEN(バナンゴーヴァイツェン)」を樽(ドラフト)で飲みましたでご紹介したいと思います。前回は『PREDATOR CATS DDH Hazy IPA(プレデターキャッツ DDH Hazy IPA)』のヘイジーから、今回はフルーツヴァイツェンです。さて、どんな感じでしょうか😄

ヒューマンズビア(トップイメージ)_01

『Humans BEER(ヒューマンズビア)』BANANGO WEIZEN(バナンゴーヴァイツェン) 詳細

ビール名:BANANGO WEIZEN(バナンゴーヴァイツェン)
ブルワリー名:Humans BEER(ヒューマンズビア)
ビアスタイル:フルーツヴァイツェン
アルコール度数:5.5%
IBU:10
URL:Humans BEER(ヒューマンズビア)
facebook:Humans BEER(ヒューマンズビア)

コチラがその「BANANGO WEIZEN(バナンゴーヴァイツェン)」のビール画像です。

ヒューマンズビア(バナンゴーヴァイツェン)_01

「BANANGO WEIZEN(バナンゴーヴァイツェン)」飲み応えレビュー

見た目は、くすみのある薄めな山吹色という感じでしょうか
香りは、バナナとマンゴーの絶妙なバランスが心地よい
飲み口は、ホップの苦味は控えめで持続性はそこまで感じれないかな。また求めてる甘さは微あり。そして控えめな酸味感からの口中がバナナ感からの追い打ちでマンゴーの存在もしっかり。飲み後には甘さにちょい酸味で苦味は弱め。ボデイはライトで全体的なバランスも整ってとても飲みやすく、飲み応えもあり。惜しくも濃さだけが…という感じもビアっぷるの好みな方のビールでした✨

好みにかなり近いヴァイツェン発見!

この「BANANGO WEIZEN(バナンゴーヴァイツェン)」ですが、ホップはハラタウブランのみ?かな。またその他原材料には、マンゴーにアイリッシュモスを使い醸造されたバナンゴーヴァイツェンとの事。先ずビール名に惹かれてしまったビアっぷるですが、バナナ+マンゴーで“バナンゴー”って何か響きがとっても良く感じました😅。そしてそのビール名に恥じない、“バナナ香と味・マンゴー”の存在もしっかりある点や、程よく甘めで控えめな酸味感。そして何よりボディがライトながらも深みのあるヴァイツェン感。好みは人それぞれだが、今や好みなヴァイツェンが無くなったビアっぷるの中では求めていたヴァイツェンにとても近い✨。後は…時代的にライトなヴァイツェンが好まれてる中では逆行だが、もっとどっしりしたボディ感が出れば恐らく好みなヴァイツェンに近づくだろうなぁ~と思え、更に今後楽しみなヴァイツェンと思えるビアっぷるでした😍。

はい、という事で今回は、神奈川県は足柄上郡にある『Humans BEER(ヒューマンズビア)』さんから「BANANGO WEIZEN(バナンゴーヴァイツェン)」をご紹介しました。ライトながら奥深さを感じれるバナナマンゴーヴァイツェン。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る