【熊本】アマクサソナービール:「グァバリシャス」を樽で飲んでみました~

アマクサソナービール(ロゴ)_03new

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』さんより「Guavalicious(グァバリシャス)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回『Enchanted(エンチャンテッド)』で、今回もスムージーサワーですがグァバが主だそうです✨。さて、今回はどんな感じでしょうか😄

アマクサソナービール(グァバリシャス)_イメージ01

『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』Guavalicious(グァバリシャス) 詳細

ビール名:Guavalicious(グァバリシャス)
ブルワリー:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)
ビアスタイル:フルーツスムージーサワー
アルコール度数:4.5%
IBU:???
URL:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)
facebook:AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)

こちらが「Guavalicious(グァバリシャス)」のビール画像になります。

アマクサソナービール(グァバリシャス)_01

「Guavalicious(グァバリシャス)」飲み応えレビュー

見た目は、ドロドロピンクも泡ブクブクがアッという間に消える
香りは、グァバの爽やかアロマが心地よい
飲み口は、グァバやその他使用フルーツ由来であろう酸味がきゅっと来た後にカスタードクリームも絶妙な甘さ。全体的にはフルーツネクターという感じで口当たり滑らかに、トロみあろ。ボディはミディアムで飲みやすく飲み応えもあり、もちろんビアっぷるの好みな方ではあるが…お決まりのジュースな感じでした😅

フルーツスムージー以外も…

この「Guavalicious(グァバリシャス)」ですが、今回もホップの使用はなしかな?。またその他原材料にはグァバやりんご、パイナップルにキウイやピーチ、そしてカスタードクリームを加え醸造されたフルーツスムージーサワーですね。今回は“グァバ”が前面に出たが、全体的には今まで同様の濃厚ネクターのジュースな印象😅。ビアっぷるはかなり後向きになってきたが、好みの方はまだまだある一定数いらっしゃる様で相変わらず人気なんですね😁。また、以前からもお伝えしてる様に、2021年のボトルで飲ませて頂いた『LUPLINLIN(ルプリンリン)』のヘイジーは好みだったし、『White Pearl(ホワイトパール)』は良い意味でインパクト大でビアっぷるの好みには至らずも高校生が授業の一貫で栽培されたというホップのデキが好印象✨。あの味を樽(ドラフト)で飲んでみたいと思い続けるも、ビアっぷるの行動範囲の中ではスムージーばかりなんですよね💦。コレもアマクサさんのイメージなのか?スムージー以外がもっとアチコチで見かける様になると嬉しいのだが…いつか巡り会える日を気長に待っているビアっぷるでした😅

はい、という事で今回は、熊本県は天草市にある『AMAKUSA SONAR BEER(アマクサソナービール)』さんより「Guavalicious(グァバリシャス)」をご紹介しました。グァバが主となるネクタージュース🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る