【鳥取】大山Gビール:「八郷(やごう)」を樽で飲んでみました~

大山Gビール(ロゴ1)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、老舗のブルワリーさんではありますがこのブログでは初登場となる
鳥取県西伯郡にある『大山Gビール』さんから「八郷(やごう)」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。ビアっぷるがクラフトビールを飲み始めた時から飲んでたブルワリーさんで、特にこの「八郷(やごう)」を良く飲みましたし、「グランセゾン」は現地で抜群の味を嗜んだのを思い出します(´∀`)

『大山Gビール』八郷(やごう) 詳細

ビール名:八郷(やごう)
ブルワリー:大山Gビール
ビアスタイル:Specialty Ale
アルコール度数:7.0%
IBU:30
URL:大山Gビール
facebook:大山Gビール

こちらが、その「八郷(やごう)」のビール画像です。

大山Gビール(八郷)

「八郷(やごう)」飲み応えレビュー

見た目は、濁りのある黄金色。
香りは、ややアルコールっぽさがあるがフルーティーさもある。
飲み口は、甘さは僅かながら感じて苦味が程よくある。ボディはミディアム寄りのライトさでビール自体はアルコール度数7.0%でも飲みやすい。さすが大山Gビールさんでビールバランスとしては好みではありますが、最高に好みだった頃の味には及ばず、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

はい、この「大山Gビール」さんですが冒頭でもお伝えした通りビアっぷるは約8年前から飲んでました。その中でも特に「八郷(やごう)」と現地ガンバリウスでの「グランセゾン」は凄く好みでした。というのが、特に現在の「八郷(やごう)」は以前に比べ水っぽさが強く出て薄く感じるんです…。

酒米の“山田錦”をブレンドしたビール…

このビールは酒米の“山田錦”をヨーロッパの麦芽と共にブレンドして完成したビールなのですが、ひょっとしたら昔の酒米と今の酒米の糖度や質が変化してしまったのか!?、以前はもう少しボディもありながら芳醇でビアっぷるが好む成分的な“甘さ”があったんですよね。それが今は大変申し訳ないが、アルコールを強く感じて“甘さ”は足りなくビール自体も水っぽくなった気がする。今回飲んだ「八郷(やごう)」は久しぶりにボディも甘さもそれなりにあった方ですが、あの時の味とはやはり違いを感じるんですよね…元々は好みなだけに求めてる“甘さ”が減った事から、「八郷(やごう)」をあまり飲まなくなりました(^_^;)

とはいえ、この「八郷(やごう)」は大人気のビールで公式サイトでは“限定醸造ビール”のカテゴリにありますがもう準定番ビールと言っても過言ではなさそう。ビアバーでも早い段階でなくなりますからね~。あ、そういえば八郷のアルコール度数を低くしたという『セッション八郷』というのもあるそうです(@_@)あの八郷のセッションバージョン…はどんな感じなんでしょうか?機会があれば飲んでみようと思いますが、多分ビアっぷるなら…『強吟(ごうぎん)』の方を飲みたいかなwww。もう現地の大山さんにお伺いしたのは4~5年前だろうか?あの大自然は素晴らしかったですし、大山がデーン!と構えて存在感抜群でした。また、機会があれば行きたいですね、ガンバリウス(´∀`)。

はい、という事で今回は、鳥取県西伯郡にある『大山Gビール』さんから「八郷(やごう)」を紹介しました。準定番という感じですが大人気のシリーズで皆さんも機会があれば、是非飲んでみてくださいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る