サンクトガーレンから「オオグソクムシビール」をボトルで飲みました~

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、新元号の『令和(れいわ)』が発表された日に限定販売されたビールですし、もう飲める機会はないと思ってたビアっぷるですが、ビア仲間よりまさかのまさかで!?『よかったらどうぞ』とプレゼントを頂きました。

サンクトガーレン(オオグソクムシビール)その5

それが、神奈川県厚木市になる『サンクトガーレン』さんより、エイプリルフールの日にボトル3000本限定販売され話題となった「オオグソクムシビール」をボトルで飲みましたのでご紹介したいと思います。いやぁ、しかしオオグソクムシ…という時点で限定とは言え自分で買う気はありませんでしたが、飲めるならという事で興味本位で思いきって飲んでみました(^^ゞ

ビール名:オオグソクムシビール
ブルワリー名:サンクトガーレン
ビアスタイル:エール
アルコール度数:5.5%
IBU:???
URL:サンクトガーレン
facebook:サンクトガーレン

コチラがその「オオグソクムシビール」のビール画像です。

サンクトガーレン(オオグソクムシビール)その1
サンクトガーレン(オオグソクムシビール)その2

見た目は、薄濁の琥珀色と言えば良いでしょうか。
香りは、モルトの香りが強い中に麦茶?の様な感じでしょうか。
飲み口は、ホップの苦味がなくモルトの香りが強く感じるかな。そこから甲殻類的な味と香りが抜けてくるがラベルのオオグソクムシから想像すると意外な味。ボディはミディアムで甘さは少しありましたがビアっぷるにしては意外と好みな方でした^^;

はい、この「オオグソクムシビール」ですが、2019年4月1日に3000本限定で販売されたビール。このオオグソクムシは水揚げ量が世界一を誇るという焼津市の深海漁船「長兼丸」さんとのコラボから現実となり、約500匹を使用し粉末状に加工したのを麦芽と一緒に煮込んだ様です。サンクトさんの『オオグソクムシビール』の専用サイトにもご紹介がありますので見てくださいね^^

サンクトガーレン(オオグソクムシビール)その4

しかし、画でみると可愛い感じですがビアっぷるはオオグソクムシは食べた事がないですし、リアルに関してあ今後も遠慮したいところwww。
ですが、今回飲めたことにより、そうか!これがオオグソクムシだけの味か?と思ったら…ラベルの横には“オオグソクムシ(焼津産)”とは別に、

サンクトガーレン(オオグソクムシビール)その3

“魚介類粉末(えびを含む)”と記載されてるので、味を調整されたのでしょうか?確かに飲んだ際に甲殻類的な味はしたのでエビ等の粉末も使用した事で飲みやすくしたのかもしれませんね。まぁ、何だかんだ言っても一部オオグソクムシが使用されてるのは変わりない事。

しかしサンクトガーレンさんは毎年4月1日のエイプリルフールには特殊なビールを出しております。

2010年:とりあえずビール
2011年:類似商品のご注意
2012年:月極駐車場
2013年:うん、この黒
2014年:生グソ味
2015年:バランエール
2016年:罰茶IPA
2017年:生グソ味
2018年:肉球

と、際どいビール名も一部…いやだいぶ!?ありますが面白い試みですよね~
因みにビアっぷるはどれ1つ飲んだことがありませんwww
理由はサンクトガーレンさんのビールが過去どのビールを飲んでも柑橘のエグ味が強いか、ホップが効きすぎてて苦く飲めないので(^^ゞ
ただ、意外だったのが今回のオオグソクムシビールに関してはモルト寄りのビールでしたので飲んだ瞬間、“サンクトガーレンさんらしくない!?”というのがビアっぷる的に良い意味の第一印象でした。老舗で人気のあるブルワリーさんですしビールバランスはしっかりされてます。そもそも飲まず嫌いはダメですし、今後は面白いビール名や限定醸造が出た際には飲んでみようかな( ´∀`)

はい、という事で今回は、だいぶ出遅れましたがまさか飲むとも思ってなかった、サンクトガーレンさんの「オオグソクムシビール」を紹介しました。もう販売はされてないので、飲める機会が限りなく少ないと思いますが、もし飲める機会があれば飲んでみてくださいね~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビール(限定醸造)に、ビアイベント、ブルワリーの情報を紹介しております。もしご興味があれば是非そちらもみてください(^^)

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  2. WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県静岡市の用宗にある『West…
  3. 奈良醸造(ロゴ3)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  4. Barbaric Works(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログではAJBさんとのコラボ…
  5. COEDO BREWERY(コエドブルワリー) ロゴ1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログでは初登場となりますがク…
ページ上部へ戻る