【東京】インクホーンブルーイング:「チャームオブフィンチ #2」を樽で飲んでみました~

インクホーンブルーイング(ロゴ)_01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、東京都は豊島区目白にある『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』さんから「Charm of Finches #2(チャームオブフィンチ #2)」を樽(ドラフト)で飲みましたのでご紹介したいと思います。前回はWCBさんとのコラボビール『Party Stars(パーティースターズ)』でしたが、今回は苦手そうな“IPA”。ビア仲間より飲めるのでは?との事で飲ませて頂きましたが、どんな感じでしょうか😄

インクホーンブルーイング(トップイメージ)_01

『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』Charm of Finches #2(チャームオブフィンチ #2) 詳細

ビール名:Charm of Finches #2(チャームオブフィンチ #2)
ブルワリー:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)
ビアスタイル:IPA
アルコール度数:7.2%
IBU:???
URL:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)
facebook:Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)

こちらがその「Charm of Finches #2(チャームオブフィンチ #2)」のビール画像です。

インクホーンブルーイング(チャームオブフィンチ#2)_01

「Charm of Finches #2(チャームオブフィンチ #2)」飲み応えレビュー

見た目は、くすみのある山吹色という感じでしょうか
香りは、かなり気になってしまう程のグラッシーさ炸裂
飲み口は、ホップの苦味は感じそうで感じなず持続性もそこまでない絶妙さが素晴らしい。また求めてる甘さはややあり。そしてホップ由来か?柑橘っぽさに松っぽさからのグラッシーさは何故か苦手意識なし。飲み後にはやや強めなホロ苦さがジワジワ残るが、程よい甘さがカバー。ボディはミディアム寄りのライトで飲みやすく飲み応え、そしてバランスも整った印象。ただ、奥深さの中に下支えで感じる松っぽさが気になり、残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした💦

IPAの進化を感じれた1杯

この「Charm of Finches #2(チャームオブフィンチ #2)」ですが、ホップはシトラにチヌークインコグニート、モザイククライオにシトラインコグニート、そしてモザイクとギャラクシーの6種類を使用。モルトはでゴールデンプロミスやデキストリンモルト等を使い醸造されたIPA。因みにビアっぷるの好みではなかったものの、素晴らしいバランスと進化を感じたIPA✨。因みに好みは人それぞれ、そして久しぶりにIPAと思って飲ませてもらったビール🍺。ええ、どちらが良い悪いとかはないが、昔のIPAに比べ断然飲みやすいと感じる。同じIPAと言えど、約10年位前とはだいぶ異なる印象。インクホーンさんならではの奇麗な造り、そして苦味が控えめでビール自体のベースも柔らかめに変化。正に“今の時代のIPA”という感じで、時代の変化をまざまざと感じるIPAでもあったかな。考え方は人それぞれですが、今や国内でアメリカのビールがかなりの比率で売れてるのも悪いとは言わない。そして国内のビールが全てとは言わない。が、国産のビールレベルもかなり上がってるのも事実。国産のマイクロブルワリーさんを応援して欲しい気持ちが強いビアっぷるだけに、今後も国産を中心にこのブログを書いていけたらと思ってます。あ、インクホーンさんが今月13日からテイスティングルームで、18日以降に飲食店さんやボトルショップにて缶(350ml)の販売を始められた様ですよ!

インクホーンブルーイング(ジャバフィンチ)_缶イメージ01

相変わらずラベルが素晴らしいデザインですが、ビール名は『Java Finch(ジャバフィンチ)』。そしてビアスタイルはビアっぷるが苦手そうなウエストコーストIPA😅。これで地方でまだ飲めてない方や、ファンの方が手に取りやすくなる可能性も高くなりそうですね✨。是非これを機にインクホーンブさんのビールを飲んでみてはかがでしょうか。

はい、という事で今回は東京都は豊島区目白にある『Inkhorn Brewing(インクホーンブルーイング)』さんから「Charm of Finches #2(チャームオブフィンチ #2)」をご紹介しました。奇麗な造りの苦味控えめなIPA🍺。皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~ 
ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る