京急ビアフェスタ in 上大岡:ウィートエール、春風エール、マーシーIPAも飲んできましたよ~ ※Part2

ビアナビ(コンパクトロゴ)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

前回の“Part1”に続きGW期間に横浜の上大岡にて開催された『京急ビアフェスタ in 上大岡』で飲んだビールをPart2として3種類を振り返りながらのご紹介です。
余計は話しは抜きとして、早速ですがビールのご紹介をしていきますね~(´∀`)

京急ビアフェスタ in 上大岡(フライヤー2)

イベント名:京急ビアフェスタ in 上大岡
全開催日:2019年5月2日(木) ~ 5月6日(月祝)まで
場所:京急百貨店・上大岡駅 7F催事場

はい、先ずは、

ビール名:ウィートエール
ブルワリー名:星野製作所(麦)
ビアスタイル:ウィートエール
アルコール度数:5.0%
IBU:???

コチラが「ウィートエール」のビール画像になります。

星野製作所(麦) ウィートエール

見た目は、透けない琥珀色って感じ。
香りはウィートエールとの事だが小麦感が極めて少ない。
飲み口は、苦い。ここまで苦いのは想定外だったがウィートエールにしては甘さもない。ボディはライトでほんとに苦味が強く、小麦が感じられずIPAの苦味とは違う苦味を感じるビール。飲んだ全ブルワリーさんの中でプラカップに唯一気泡がついてたのも残念でもありましたが、ビアっぷるの好みではありませんでした^^;
また、以前はコクのあるどっしりしたヴァイツェンを造るイメージがあるブルワリーさんでしたが、マンゴーヴァイツェンといい軽めのビールが多くなったのは好み的には残念です。

次に、

ビール名:春風エール
ブルワリー名:横濱金沢ブリュワリー
ビアスタイル:ペールエール
アルコール度数:5.5%
IBU:???

コチラが「春風エール」のビール画像になります。

横濱金沢ブリュワリー(春風エール)

見た目は、薄い黄金色
香りは、かなり微妙で表現は悪いが“納豆”の様な発酵の感じ。
飲み口は、甘さはなく飲み込むとホップなのか!?独特な苦味が残るのは何だろうか?ボディ自体は水っぽくもなくビールらしいが、この苦味が後にも残るほど気になる。なかなか進まず温度が上がったら飲み切るのにかなり時間を要したビールでした。大変申し訳無いが、久しぶりに好みではないと言い切れるビールでした(T_T)

最後に、

ビール名:マーシーIPA
ブルワリー名:ガハハビール
ビアスタイル:セッションIPA
アルコール度数:4.7%
IBU:55

コチラが「マーシーIPA」のビール画像になります。

ガハハビール(マーシーIPA)

見た目は、くすみのある琥珀色。
香りは、ホップの香りが控えめに感じる程度。
飲み口は、飲み込んだ後に一瞬苦味を感じるがスッーっと消える程度。また、求めている甘さもない。ボディはミディアム寄りのライトだがごくごく飲める。ただ、やや水っぽく苦味を感じるもののビールのバランスは取れてると思いました。ビアっぷるの好みではないのだが、一緒にいたビア仲間、知り合いのビア仲間複数人からは今回の出店の中で話題にかなり出てたビールで、好みな方が多いビールでした^^;

という事で今回も、3ブルワリーさんを紹介しましたが記憶に残ったのは…ガハハビールさんのマーシーIPAかな。ビアっぷるは好みではなかったが、他のビア仲間に聞いてもこのビールの評価は高い方でした。また、ビアあっぷる自身もその他のビールも飲んでみたく、場所は東京深川のガハハビールさんに機会があれば飲み行ってみようかな?(´∀`)

はい、という事で今回は『京急ビアフェスタ in 上大岡』から星野製作所(麦)さんの「ウィートエール」、横濱金沢ブリュワリーさんの「春風エール」、ガハハビールさんの「マーシーIPA」をご紹介しました。このイベントの感想は残すところPart3の1つです。イベントが終わってて飲めるビールは少ないかもしれませんが、是非お付き合い下さいませ~

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント、そしてブルワリー情報等などを紹介していますのでもしご興味があればみてくださいね~

ではでは、今回はここまで。

それでは、Part2はまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  2. WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県静岡市の用宗にある『West…
  3. 奈良醸造(ロゴ3)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  4. Barbaric Works(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログではAJBさんとのコラボ…
  5. COEDO BREWERY(コエドブルワリー) ロゴ1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログでは初登場となりますがク…
ページ上部へ戻る