【静岡】Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング):「新茶 つゆひかりエール2019」を樽で飲んでみました~

カケガワファームブルーイング(ロゴ01)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は静岡県掛川市の『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんから、限定醸造の「新茶 つゆひかりエール2019」を樽で飲みましたので紹介したいと思います。因みに昨年もこのビールは発売されてたようですが…飲んでないビアっぷる(T_T)。今回のは2019ver.って感じですが、カケガワさんのお茶を使ったビールは確か初飲み。どんな味になってるか非常に楽しみです( ´∀`)

ビール名:新茶 つゆひかりエール2019
ブルワリー名:Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)
スタイル:お茶エール
アルコール度数:6.0%
facebook:Kakegawa Farm Brewing
※詳細は公式サイトで御確認くださいませ。

こちらが「新茶 つゆひかりエール2019」のビール画像になります。

カケガワビール(新茶 つゆひかりエール2019)

見た目は、この色のお茶もありますがまお茶の色か濁りのある黄色。
香りは、お茶のほのかな香りがたまらなく落ち着く。
飲み口は、新茶!?というのはわからないがお茶の香りといい鼻から抜ける風味がたまらない。そしてホップの苦味が少々で甘さがほんのり、更にお茶の渋みのバランスが絶妙で素晴らしい。ボディはミディアムよりのライトで、めちゃくちゃ好みでパイント2杯連続で戴きました( ´∀`)

えっと、この「新茶つゆひかりエール2019」ですが、静岡県はお茶の名産ですが掛川産の新茶、“つゆひかり”を使用したお茶エールとの事。先日開催された掛川クラフトビールフェスでも出された様ですが、年に一度だけ春限定の新茶を使ったカケガワ茶エールを出してるカケガワさん。昨年のを飲めてないビアっぷるは比べることができず本当に残念ですが、『お茶の香り+甘味+苦みのある味で後味にも新茶の香りが立ち込めてくる』とfacebookにコメントは正にそのとおりにできればお茶の渋味も感じれてるので付け加えてほしいな^^;

改めて実感しましたが、ハイアルコールビール(“TENRYU SUGI”トリプル、ギルド等)、メロックスに続き、このお茶エールシリーズもビアっぷるは好み。過去のブログを見て頂けるとご理解頂けると思いますが、舌は十人十色で平等に感じた感想を書いてる為、もちろん好みじゃないビールも出てきます。が、味も大切ながら、ビール自体のバランスが絶妙に素晴らしく感じているブルワリーさん。ビアっぷるにとっては好みのビールが多く、今後もとても楽しみにしているブルワリーさん。という事を、お伝えしてみました( ´∀`)

はい、という事で今回は静岡県掛川市の『Kakegawa Farm Brewing(カケガワファームブルーイング)』さんから、限定醸造の「新茶 つゆひかりエール2019」をご紹介しました。日本人ならではのお茶にビールをプラスてます。皆さんも機会があれば、是非飲んでみて下さいね!

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る