秩父麦酒(ちちぶびーる):「波乗りくまⅢ(ソラチエース&ギャラクシーver.)」を樽で飲みました~

秩父麦酒(ロゴ2)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は埼玉県は秩父市にある『秩父麦酒(ちちぶびーる)』さんから、「波乗りくまⅢ(ソラチエース&ギャラクシーver.)」をご紹介したいと思います。とうとう『Sapporo Craft Beer Forest 2019』まで参加される秩父麦酒さんですが、かなり露出が多くなってきましたね!今後もあの可愛い“くまさん”の絵と共に広がってクラフトビール界を盛り上げて欲しいです( ´∀`)

ビール名:波乗りくまⅢ(ソラチエース&ギャラクシーver.)
ブルワリー:秩父麦酒(ちちぶびーる)
スタイル:ウエストコーストIPA
アルコール度数:7.0%
IBU:21
URL:秩父表参道Lab.
facebook:秩父麦酒(ちちぶびーる)

コチラがその「波乗りくまⅢ(ソラチエース&ギャラクシーver.)」のビール画像です。

秩父麦酒(波乗りくまⅢ)

見た目は、クリアな黄金色って感じかな。
香りは、思ったよりグラッシーさがないホップの香りが強め。
飲み口は、ホップの苦味はあるのだが控えめかな。求めてる甘さはなく、ボディはライトでかなりドライ。アルコール度数が7.0%という事だが、スイスイ飲める感じである意味真夏にガブガブいったら危険なビールかな。グラッシーさはないのが意外だったが、残念ながら好みではありませんでした^^;

えっと、この「波乗りくまⅢ(ソラチエース&ギャラクシーver.)」ですが、飲んだ決め手はご存知の通り、“ソラチエース”を使ったビールが気になって仕方ないビアっぷる。また、まさか秩父麦酒さんが希少と言われるソラチエースを使ったビールを出すとは思わずちょっとビックリでしたが、グラッシーさをあまり感じなかったし、どちらかと言うとギャラクシーホップの方が出てる気がした。ホップの比率はギャラクシーが多めな気はするが、ホップが同量でグラッシーさをここまで消せてるのは凄い。詳細が書かれてないのだが、ホップの比率が非常に気になるビアっぷるでしたwww

そして、秩父麦酒さんならば恒例となるかわいいあの“くまさん”ですね。
今回のはまた一段と可愛い、

秩父麦酒(波乗りくまⅢ)_imaeg1

はい、波に乗っちゃってるくまさんで…ビール名正にそのままですね!www
綺麗な波がある海の上で黄色いサーフボードにバランスよく乗って空は快晴!!こんな日に飲んで下さいと言わんばかりの夏に合うビールとは思いました。が、アルコール度数高めなのでグビグビ行くと…波に飲まれますのでご注意を。な~んて(^_^;)

この“くまさんはインパクトが強くこれで良い意味かなり”ヤラれてる”お客さんも多いと思われます。これもビールを広げる1つの戦略としてはアリですよね!そしてビールが出るのならば飲む人の確率が増えファンが増えていく。素晴らしいサイクルですね!今後もこの可愛い“くまさん”は追いかけたいビアっぷるでした( ´∀`)

はい、という事で今回は、埼玉県は秩父市にある『秩父麦酒(ちちぶびーる)』さんから、「波乗りくまⅢ(ソラチエース&ギャラクシーver.)」をご紹介しました。皆さんも見かけた際には是非飲んでみて下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る