【神奈川】Yorocco Beer(ヨロッコビール):「亜熱帯セッションペールエール」を樽で飲みました~

ヨロッコビール(ロゴ1)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、神奈川県は逗子市にあり新工場が鎌倉市に移転した『Yorocco Beer(ヨロッコビール)』さんから、「亜熱帯セッションペールエール」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。ヨロッコさんのビールはホップが強めで苦いというイメージが定着しているビアっぷるですが、セッションなら!?…と、飲んでみました^^;

『Yorocco Beer(ヨロッコビール)』亜熱帯セッションペールエール 詳細

ビール名:亜熱帯セッションペールエール
ブルワリー名:Yorocco Beer(ヨロッコビール)
ビアスタイル:セッションペールエール
アルコール度数:4.5%
IBU:???
URL:Yorocco Beer(ヨロッコビール)
facebook:Yorocco Beer(ヨロッコビール)

コチラがその「亜熱帯セッションペールエール」のビール画像です。

ヨロッコビール(亜熱帯セッションペールエール)

「亜熱帯セッションペールエール」飲み応えレビュー

見た目は、ややクリアな黄金色でしたよ。
香りは、モザイクホップを感じるが意外にも思ったより嫌な感じではないかな。
飲み口は、苦味抑えめで甘さもほんのりだが感じれる。また、苦手なモザイクホップ感がかなり控えめでトロピカル感も感じれた。これはイケる…と思いきや温度が上がると、ホップの苦味やモザイクホップの香りが出てきて初段階の味とは違う方向にwww。ただ、ビール自体はバランスが取れて素晴らしく感じるし、過去ヨロッコさんの飲んだビールの中では一番好みと思ったビアっぷるでした^^;

えっと、この「亜熱帯セッションペールエール」ですが、モザイクホップ(リーフホップ)を使ったまではわかるがその他の情報がないので、情報がお伝えできず申し訳ないですm(_ _)m。ただ、以前飲んだ際は味どうこうは別としてペールエール等その時あるビアスタイルを殆ど飲んだがホップの苦味が強めだった。、今回は明らかにホップの苦味が控えめで正直イメージが変わった。次回飲める機会があれば、ヨロッコさんのビールをビアスタイル関係なく飲んでみようかなと思いましたよ。

新工場移転で醸造量UP!?

あ、そういえば…今年の3月か4月頃?かな。鎌倉市に新工場を移転して勢いに乗るヨロッコビールさんですが、ボトルの販売も始めるとの事で益々人気が上がりそうですね。ビア仲間でもかなり評価の高いブルワリーさんですが、なかなか飲める機会が少ない状況の中、新工場で醸造量が間違いなくUP。ファンの多いブルワリーさんだけに今後が楽しみなブルワリーさんですね~( ´∀`)

ミッケラーさんとのイベントも予定

はい、という事で今回は『Yorocco Beer(ヨロッコビール)』さんから、「亜熱帯セッションペールエール」ををご紹介しました。7月13日(土)にはミッケラーさんとのイベントも開催される様ですし、

ヨロッコビール×ミッケラー(ビアイベント)

皆さんも機会があれば是非飲んでみて下さいね~

今回はここまで。それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る