West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング):「FULL HOP ALCHEMIST(フルホップアルケミスト)」を樽で飲みました~

WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)』さんの、「FULL HOP ALCHEMIST(フルホップアルケミスト)」を樽で飲みましたでご紹介したいと思います。かなりのスピードでビールがリリースされてるみたいですが、ビアっぷるはこれが3種類目となります。果たしてどんな感じでしょうか?( ´∀`)

ビール名:FULL HOP ALCHEMIST(フルホップアルケミスト)
ブルワリー名:West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)
ビアスタイル:DDH DOUBLE IPA
アルコール度数:8.0%
IBU:???
URL:West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)
facebook:West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)

コチラがその「FULL HOP ALCHEMIST(フルホップアルケミスト)」のビール画像です。

West Coast Brewing(FULL HOP ALCHEMIST)

見た目は、いかにもNEを彷彿とさせる濁りのある黄色ですね。
香りは、NEの様なジューシーさがしっかり感じれる。
飲み口は、ジューシーさが際立っておりNEを感じさせるが舌と喉奥の両方でホップの苦さがグッとくるだけに、求めてる甘さは…ないかな。ボディはややミディアム寄りでトロ味のある舌触りは良いが、何からの由来かこの独特な味が苦手で残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

えっと、この「FULL HOP ALCHEMIST(フルホップアルケミスト)」ですが、公式サイトからのビール説明によると、

“トロピカルフルーツやメロンの様な甘さが口いっぱいに広がり、ホップが口の中で爆発します。魔法のスパイス入りのIIPA、Hop Dudeの錬金術があなたに翼を授けます”

との事でしたが、先ず、甘さ!?口いっぱいに広がる!?…というのが感じれなかったが、人の舌は十人十色だけに残念ながらビアっぷるはただ苦い、そして温度が上がって更に苦いの感想でした。ホップはどうやらアイダホ7、サブロ、コメット、ストラータを使用してる様ですが、“魔法のスパイス入り”との言葉はホップのことかな?それとも別の魔法のスパイスが入ってるのかなぁ…?ビアっぷるは苦手な味と感じましたが、ホップだとサブロはやや苦手なのでこの味!?…でも言い切れないですし、全くわからないのが残念。やはり味は難しいですね(^_^;)

まぁ、そもそもビアスタイルがDDH DOUBLE IPAとの事ですし、飲めないかも!?という気もしてましたし、かなりのホップの量を使ったのは聞いてましたが、“飲んでみないとわからない”、そして“舌は十人十色”ですからね。ビアっぷるには本当に苦かったです…が、それでも、相変わらず完成度の高いビールと思えました。

そして前回と同様で恒例になりそうな、

West Coast Brewing(FULL HOP ALCHEMIST)_image

この独特なタッチのビールフライヤーといえばよいでしょうか?それは健在^^
いかにもホップ君が魔法のスパイスを混ぜてる感じが出てビアっぷるには伝わりますwww。また他のビールが出たら、この画も楽しみにしているビアっぷるでした( ´∀`)

はい、という事で今回は静岡県は静岡市にある『West Coast Brewing(ウエストコーストブリューイング)』さんの、「FULL HOP ALCHEMIST(フルホップアルケミスト)」をご紹介しました。皆さんも機会があれば、是非一度飲んでみてくださいね!

最後に『ビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベント、そしてブルワリー情報をPCではより見やすく、そしてツイッターでもご紹介しています。また、人気ブログランキングにてクリックしてサイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になり非常に助かります!皆様、良ければご協力お願いします♪♪

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷる最終的にピルスナーに落ち着いた^^;

投稿者プロフィール

ビアナビのメイン管理人の自己紹介です。

名前:ビアっぷる
年齢:おじさん適齢期の一般人
性別:男性
クラフトビール歴:約8年
好きなビアスタイル:ピルスナー/ニューイングランドIPA
苦手なビアスタイル:ペールエール/IPA
出没地:東京を主体の関東近郊

特に国内のクラフトビールを世に広めるべく、情報を発信しながら全国各地のブルワリーを周り、日々ビアバーにて飲み歩いています。

元々、大手のビールが苦手でビールそのものが嫌いでした。が、クラフトビールに出会い、強烈な衝撃を受け一気にハマりました。基本的に樽生でしか好まず、缶やボトル、そして海外のビールは好みません。

ビールの趣味がやや偏ってる部分もございますが、
・飲んでみないとわからない
・舌は十人十色
を基本にしてます。

このブログをきっかけに日本全国のビールファンが1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえるよう、お伝えできればと思っています。

因みに企業ではなく素人のブログですので、文章や内容がおかしい場合は
温かく見守って頂けると嬉しいです…^^;

それでは、宜しくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. ろまんちっく村(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、栃木県は宇都宮市にある『ろまんちっ…
  2. WEST COAST BREWING(ウエストコーストブルーイング)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、静岡県静岡市の用宗にある『West…
  3. 奈良醸造(ロゴ3)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、奈良県奈良市にある『NARA BR…
  4. Barbaric Works(ロゴ1)
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログではAJBさんとのコラボ…
  5. COEDO BREWERY(コエドブルワリー) ロゴ1
    こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。 今回は、このブログでは初登場となりますがク…
ページ上部へ戻る