【北海道】鬼伝説地ビール:「NEWポンアヨロIPA」を樽で飲みました~

鬼伝説地ビール(ロゴ2)

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、今回は北海道は登別市にある『鬼伝説地ビール)』さんより、「NEWポンアヨロIPA」を樽で飲みましたのでご紹介したいと思います。大人気の鬼伝説さんからHazyスタイルの新作ですね。ってこのビール名を見た時、海外のビール!?って思ったら鬼伝説さんでしたよwww。果たしてビアっぷるの好みか非常に興味津々でございます( ´∀`)

ビール名:NEWポンアヨロIPA
ブルワリー名:鬼伝説地ビール
ビアスタイル:Hazy IPA
アルコール度数:7.0%
IBU:40
URL:わかさいも本舗

コチラがその「NEWポンアヨロIPA」のビール画像です。

鬼伝説地ビール(NEWポンアヨロIPA)

見た目は、正に濁りのあるHazy感全開の黄色。
香りは、ジューシーさがしっかり感じれるがホップの絶妙な感じも。
飲み口は、飲んだ瞬間モザイクの味がしたのは気の所為!?、そして苦味はそこまでないが喉奥にジワリジワリとくる苦味がある上に、温度が上がると苦味は少し増す感じです。が、ビアっぷるには嫌な苦味ではなかったかな。甘さはほとんどなく、ジューシーさがありボディはミディアムかな。求めてる甘さがなかったのとややモザイクさんがいる感じで残念ながらビアっぷるの好みではありませんでした^^;

えっと、この「NEWポンアヨロIPA」で先ずは気になるビール名の由来ですが、“工場の側を流れる、川の名前を付けました”との事で、まさか川の名前が“ポンアヨリ川”って事ですか!?いやぁ、独特な川名ですしさすが勉強になりますね。φ(..)メモメモ

はい、そしてホップはシムコー、シトラ、エクアノット、アマリロ、エルドラド、ローラル、ギャラクシー、サブロ、そしてモザイクホップさんを使用し、複雑さと厚みを出したとの事。どのホップがどのくらいの量まではわかりませんが、これだけのホップを混ぜても複雑ではありましたがバランスを取ってあの味を出せるのは素晴らしいですね!大人気なブルワリーさんというのがわかります。しかし、この多種ホップで何故かモザイクセンサーが飲んだ瞬間に反応し、つい口走ったが隣に居たビア仲間が驚いてました。って、自分でも恐ろしく感じましたけど苦手は苦手ですwww。

あ、毎度お伝えしプロフィールにもしっかり記載してる様に、
・舌は十人十色
・ビールは飲んでみないとわからない

ですから、皆さんも“必ず自分の舌で確認する”事をこの先も同様オススメします。ビアっぷるの感想に賛否両論はあると思っています。言葉も出来る限り気をつけてるつもりです。文章力がないのは百も承知ですが、1個人の感想として今後も温かい目で見守って頂けると幸いです。そして1人でも多くクラフトビールに興味を持ってもらえる人が増える事を切に願っています( ´∀`)

はい、という事で話はズレてしまいましたが今回は北海道は登別市にある『鬼伝説地ビール)』さんより、「NEWポンアヨロIPA」 をご紹介しました。鬼伝説さんのNEシリーズは…いや、どのビールも大人気ですからビアバーでも多く見かけます。皆さんも機会があれば、是非一度飲んでみてくださいね!

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る