【アメリカ】リヴィジョンブリューイング:「Social Fermentation(ソーシャル ファーメンテーション)」を樽で飲んでみました~

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

はい、前回の「Lord Lupulin(ロードルプリン)」に続いて、『 Revision Brewing(リヴィジョンブリューイング) 』さんから2つ目のニューイングランドIPAの紹介となります。今回は「Social Fermentation(ソーシャル ファーメンテーション)」というビール名のニューイングランドIPAを樽で飲みましたので紹介したいと思います。

ビール名:Social Fermentation(ソーシャル ファーメンテーション)
ブルワリー名:Revision(リヴィジョン)
原産国:アメリカ
スタイル:ニューイングランドIPA
アルコール度数:6.5%
IBU:35

こちらがその「Social Fermentation(ソーシャル ファーメンテーション)」のビール画像ですね。

見た目は濁っておりいかにもニューイングランドIPA的な感じ。
香りは思ったより弱めの柑橘系かな。飲み口はスッキリさっぱりで飲みやすくグレープフルーツを感じさせる感じ。苦みは飲みこんだ後感じたがサラっと消えるので苦手ではないがビアっぷるの好みではないかなぁ…^^;

また、実は…この樽を飲む前に缶をビア仲間から『数が少ないから良かったら飲んでみて~』と、プレゼントしてもらってましたので別日ですが既に飲ませてもらっておきましたが(^^ゞ

缶のデザインは面白いですね!ホップやタンクがwww。しかし樽を飲める環境になるなら先に飲まなかったのに…という感じですがご好意で頂いたものですからね^^;

はい、缶の方はこんな感じですと言ってもそんな変わらないですけど。

樽との違いは缶の方が香りが立っていました。柑橘系とジューシーさがしっかり鼻に香る良い感じでしたが、飲み口として新鮮さからやはり樽の方が上回ってました。最近Revisionリヴィジョン)さんのビール等、海外ビールの記事が多くなってますがもう数回挙げたら必然的に海外ビールの紹介は基本しなくなります。ただ、『ボーントゥダイ』と今回見つけた『Dr. Lupulin 3x』だけは飲めたらまた挙げたいと思ってはいますけどね。

話は変わり、現海外ビールの感想を少し。ここ2週間程滅多にない海外ビールを樽で数ブルワリーだけ飲ませて頂いてますが、どのブルワリーさんも雑さがなくビール自体のレベルがやはり高い。バランスの取れたビールでやはり海外のビールって改めて素晴らしいんだなぁ~と感じたのは本音。正直、これだけ飲んでビアっぷるの中では苦い等はあってもハズレは1つもなかったですからね。ただし!、ビアっぷるが求めてる『甘味』はどのブルワリーさんも感じる程はなかったのでどうしても好みになり難く、結局国内のビールを応援したい気持ちも相まって、国産ビールを飲みたくなるビアっぷるです、はい(^^ゞ

そんなこんなで今回は、『Revision Brewing(リヴィジョンブリューイング)』さんの「Social Fermentation(ソーシャル ファーメンテーション)」を紹介しました。皆さんも機会があれば飲んでみてくださいね~。そしてビアっぷるは当たり前ですが樽が推奨です!

ではでは、今回はここまで。

それではまた~

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『ブログランキング』にも参加していますのでクリックして応援して頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる国産クラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:海外に比べ歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事とまだまだ嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想(レビュー)を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく、またマニアックな内容もあるかと思いますが紹介していけたらと思います。良ければ是非参考にして頂けると幸いです。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る