【長野】南信州ビール:「ブルーベリーホップ/2020」を樽で飲みました~

南信州ビール_ロゴ01NEW

こんにちは、ビアナビの管理人『ビアっぷる』です。

今回は、長野県は上伊那郡にある『南信州ビール』さんからアップルホップの限定醸造ビール、「ブルーベリーホップ/2020」を樽で飲んだのでご紹介したいと思います。アップルホップも有名ですが、このビールも限定ながら有名なビールですね。久しぶりに飲める機会があったので飲んでみました~( ´∀`)

南信州ビール_イメージ01NEW

『南信州ビール』ブルーベリーホップ 詳細

ビール名:ブルーベリーホップ/2020
ブルワリー:南信州ビール
ビアスタイル:フルーツビール
アルコール度数:6.5%
IBU:13
URL:南信州ビール
facebook:南信州ビール

コチラがその「ブルーベリーホップ/2020」のビール画像です。

南信州ビール(ブルーベリーホップ/2020)_01

ブルーベリーホップ」飲み応えレビュー

見た目は、ブルーベリー色味の赤紫という感じでしょうか。
香りは、優しい酸味にブルーベリー感の爽やかさ。
飲み口は、ホップの苦味はほとんどなく持続性もなし。また求めてる甘さはなく、ブルーベリーのフレーバーと酸味、そして後味にブルーベリーからではないモルトと思われる甘さを感じる。ボディはミディアムで、“ジュース”まではいかないがビール?と思わせる飲みやすさ。全体的にビールバランスと深い味わいは保たれているが…我儘を言うと何かもう一押しほしく、残念ながら好みまでには至りませんでした^^;

大鹿村産のフレッシュなブルーベリー

この「ブルーベリーホップ/2020」ですが、ホップはわからず。そしてモルトはエールモルトを使っており、原材料の肝になってるブルーベリーは酸味と甘さのバランスが取れたという信州は大鹿村産のフレッシュなブルーベリーを使い、独自の配合でブレンドをされ醸造されたというフルーツビールですね。さすが南信州さんと言わんばかりにブルーベリーの香りと味わい、そしてモルトの感じが出てるのがしっかり出てますし、南信州さんのビールを飲むと今のクラフトビール業界とはまた一味違う時代を思い出します。

オクトーバーフェストにクリスマスエール…

そろそろ南信州さんのシーズナルビール、オクトーバーフェストの季節かな?
そしてもうすぐクリスマスエールの季節ですね。前者は敢えて敢えてエールで醸造されてた記憶があり、アルコール度数6.0%もビアっぷるが求めてる甘さがあって好んでパイントで必ず飲んでた、後者はクリスマスが近づくと『この季節がきましたね~』とビア仲間と会話をしながら、アルコール7.5%をパイントでゆっくり飲み、程よく酔って帰る。そういえば両ビールをもう随分飲んでない…と、昔話になってしまいましたが、せっかくだし久しぶりにどこかで見かけたら飲んでみようかなと思ったビアっぷるでした( ´∀`)

はい、という事で長野県は上伊那郡にある『南信州ビール』さんから、「ブルーベリーホップ/2020」をご紹介しました。決して水っぽさのないブルーベリーのフルーツビール、皆さんももし飲める機会があれば是非飲んで見てくださいね!

ではでは、今回はここまで。

それではまた

ビアっぷるからのお知らせ

『クラフトビールのことならビアナビ』では最新のクラフトビールやビアイベントなどの情報をご紹介しています。ビアっぷる独自の視点からクラフトビールを飲んだ感想などもご紹介しておりますが、人の舌は十人十色ということでご自身の舌で確認して、あなたのお気に入りのクラフトビールを見つけて頂ければ幸いです。
また『クラフトビールご当地マップ』と題して、ビアっぷるがこれまでに飲んでご紹介してきたビールを地図で調べることが出来るようになりました! ツイッターでもいち早くビア情報を公開していきますので、是非参考にしてもらったりフォローしてもらえると嬉しいです。 そして『人気ブログランキング』にてクリック→サイト名(ビアナビ)をポチッと押してもらえると、“応援クリック”になりますのでご協力頂けると嬉しく思います( ´∀`)

ビアっぷる

ビアっぷるクラフトビール愛好家

投稿者プロフィール

管理人:ビアっぷる
一言:歴史は浅くても、国内のクラフトビールを応援して約10年。舌は十人十色という事と嗜好品という事を基本に、クラフトビールを飲んだ後は独自の感想を書いています。1人でも多くの方がクラフトビールには色々なビールがある事を理解してもらうべく紹介していきたいと思いますので、よかったら参考にしてくださいませ~( ´∀`)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る